前に受け取った退職金が退職金<退職所得控除のとき

こんにちは。

今回は前に退職金を受け取っていて退職所得控除を使い切っていない場合についです。

加入者
前に退職金が出たときに退職所得控除を使ったらどうなるのですか?
DC先生
14年以内だと退職所得控除が調整されますね
加入者
調整?
DC先生
まるまる使えるわけじゃないんです

DCを一時金受取する前14年以内に退職金を受け取ったときに退職所得控除を使っていれば、重複している分を差し引いて調整することになります。

加入者
そんなに退職金がでたわけじゃなく退職所得控除を使い切れなかったら・・・
DC先生
みなし勤続年数の計算をして重複期間を引くんです
加入者
ん~単純に余りが使えるわけじゃなく?
DC先生
ちょっと計算が複雑なんです

単純に余った退職所得控除を使えるわけではありません。

計算手順は以下のとおりとなります。

計算手順

手順1 DCの拠出期間(端数切り上げ)から退職所得控除額を求めます。(1)

DC先生
まずDCの退職所得控除を出します

手順2 退職金の勤続年数とみなす期間(端数切捨て)を下記式から求め、重複期間を求めます。

※退職金が800万円以下の場合・・・退職金の収入金額÷40万円

※退職金が800万円超の場合・・・ (退職金の収入金額-800万円)÷70万円+20

DC先生
ここがちょっとややこしいですね

手順3 重複期間の退職所得控除を求めます。(2)

DC先生
前に使ったとする退職所得控除を出します

手順4(1)-(2)DCの退職所得控除から重複期間の退職所得控除を引いた金額を退職所得控除額とします。  

DC先生
前に使ったとする分を差し引きます
加入者
む、むずかしい・・・
DC先生
具体例でみてみましょう

具体例

●退職金1,200万円 ・・・30年間勤続(1980年に入社して2010年に退社)

●DC 500万円 ・・・10年間拠出(2001年に加入し2011年まで加入)

加入者
1年前に退職金を受け取ってますね

退職金1200万円を受け取ったときからさかのぼってみてみます。

勤続年数が30年なので退職所得控除は1,500万円となります。

DC先生
800万+70万×10年で1500万円です

(1,200万円—1,500万円 )=ゼロとなり非課税です。

加入者
前回の退職金は税金がかかってないんですね

このとき退職所得控除は300万円使い切れなかった残りがあります。  

加入者
単純にこの300万円が使えるわけじゃないんですね

DCを受け取る際は以下のように計算します。

手順1 DCの退職所得控除は拠出期間10年なので400万円(1)

DC先生
40万円×10年=400万円ですね

手順2 手順2の計算式にあてはめ(1,200万円―800万円)÷70万円+20=25年(端数切捨て)とみなします。

DC先生
ここでみなし勤続年数を出します

入社してから25年を退職所得に関する勤続年数とみなします。(1980年から2005年)DCは2001年から加入しているので重複期間は2001年~2005年までの4年となります。

DC先生
重複期間を出します

手順3 4年の退職所得控除は160万円(2)

DC先生
重複期間の退職所得控除を出します

手順4 (1)-(2)は400万円-160万円=240万円

DC先生
今回使える退職所得控除です

DCを受け取るときには課税所得は(500万円-240万円)×1/2=130万円となります。 税金は約20万円となります。(所得税約7万円、住民税10%とすると13万円)

加入者
今回DCを受け取るときは税金が20万円かかるんですね
DC先生
そうなんです
加入者
けっこう馬鹿にならないなあ
DC先生
受取前にシミュレーションをすることをおすすめします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です