月別アーカイブ: 5月, 2018

中小企業退職金共済となにが違うの?

こんにちは。

今回は中退共の話です。

 

社長
わが社は中退共に入っているしね~

DC先生
中退共にはないメリットもありますよ

 

 

中退共とは

中退共は社員の退職金として「企業が拠出」し国が運営する制度です。

役員が入ることはできません。

バンザイをしている会社員たちのイラスト(バラバラ)

 

新規加入の場合は加入後4ヶ月めから1年間、国が掛金月額の1/2を助成します。また掛金18000円以下から増額する場合は増額後1年間、国が増額分の1/3を助成します。

掛金は5000円以上30000円までの間で企業が社員ごとに選択します。企業が拠出した掛金は全額損金算入となります。

社員に支払われる退職金は掛金月額と納付月額に応じて定められています。現状の予定運用利回りは1%とされています。中退共の場合選択制確定拠出年金と異なり企業は退職金用として資金を毎月拠出しなくていはいけません。また社会保険料に影響は出ません。

企業型DCとの違い

企業型DCは従業員だけでなく役員も加入することができます。

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「中小企業にとっての確定拠出年金のポイント(PDF)」をお届けします。