月別アーカイブ: 3月, 2018

外国株式の投資信託

こんにちは。

運用商品のひとつ、外国株式投資信託の話です。

加入者
外国株式の投資信託はリスクが大きいのですか?

DC先生
国内株式より一般的にリスクが大きいといえます
世界地図のイラスト

外国株式のリターン

外国株式はそもそも株式のリターンである、配当や売却益などが期待できます。

さらに為替差益が期待できます。

外国株式のリスク

外国株式はそもそも株式の価格変動リスクがあります。

さらに為替によるリスクがあります。

外国株式のインデックス

外国株式は先進国株式と新興国株式の2つに大きく分かれます。

●先進国の株式

先進国は経済発展が進んでいて、GDP(経済の規模の大きさ)や時価総額(株式市場の規模の大きさ)が大きく、経済や社会の情勢が比較的安定しているため、先進国株式は新興国株式と比べて比較的値動きが安定しています。

先進国株式の値動きを表す指標がMSCIコクサイです。MSCIコクサイは米国のモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナルが算出して公表しているので、その頭文字(MSCI)がとられています。国際的な主要国の株価指数を表しているので「コクサイ」といいます。(国債ではありません)

これは日本を除く先進国22カ国の上場企業の株価指数で、米国株式の構成比が、約6割を占めています。
ちなみに、MSCIコクサイに日本を足した23ヶ国の先進国の株価指数がMSCIワールドです。

●新興国の株式

新興国とは国際社会において急速に発展を遂げている国々のことです。新興国は経済の規模も市場の規模もまだ新興国ほど大きくはなく、社会情勢や政局が不安定な面もあるため、新興国株式は先進国株式と比べて値動きが大きいのが特徴です。

新興国株式の値動きを表す指標がMSCIエマージング・マーケットです。新興国23カ国の株価指数で、構成比は中国、韓国、台湾などアジアが約5割を占めています。

 

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

退職一時金との比較

 

 

こんにちは。

今回は企業の社長、財務担当者向けのお話です。

社長
退職金とどう違うんですか?
DC先生
確定給付でないところが一番大きいですね

会社の制度として退職一時金制度がある、という会社も多いと思います。

そして昨今の低金利状況下で、予定どおりに積立てができず、積立不足が生じているというケースも少なくないでしょう。

積み立てのイラスト(男性)

DCは積立不足が発生しない

DCは毎月企業が掛金拠出をすることによって、従業員への企業の債務がきちんと行われたということにになり、未精算の債務が残らないしくみです。

 

DCへの移行ができる

退職一時金制度を見直してDCに移行することができます。

会社にとっては退職給付債務がなくなります。

実際にDCに移換する過去分の金額は、自己都合要支給額がベースとなります。

過去分をDCに移換する場合、4~8年度のいずれかで分割して資産を移します。単年度での移換はできません。

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「中小企業にとっての確定拠出年金のポイント(PDF)」をお届けします。

 

 

 

年代別のポイントは?

こんにちは。

今回は年代別 運用のポイントについてです。

 

加入者
運用のポイントはありますか
DC先生
年代別にポイントがあるんですよ

 

確定拠出年金に加入している人も増え、最近では運用の相談が多くなってきています。

「確定拠出年金で運用しているけど、ずっとこんな感じで大丈夫でしょうか?」という相談。

確定拠出年金は老後資金の準備のひとつ。ライフプランのひとつです。

年代別にテーマがあります。

今回は年代別の資産形成のテーマと確定拠出年金のかかわりについて考えてみましょう。

 

20代

 

20代でまだ独身のうちは人生最初の貯め時といえます。

将来の変動要素も大きいといえますが、ライフプランの変化に対して資金準備はしておく必要があります。

大事なことは、早いうちに自分の貯蓄のルールを決めることです。

また投資もデビューすること。習うより慣れろです。

20歳代は運用期間が長いのでリスク許容度が高いといえます。

資産分散しながら積立投資ででじっくりと資産形成していきましょう。

 

30~40歳代

30~40代は人によってライフコースが分かれてきます。

独身の人、結婚して子育て中の人、夫婦で共稼ぎの人、親の介護中の人・・・。

また貯蓄状況もひとによって差がついてきます。

きちんと貯蓄ができている人、住宅取得で貯蓄が亡くなった人、住宅ローンと教育資金で貯蓄ができない人・・・。

支出の多い時期ですが無駄を省いて家計管理しながら少しずつ老後に備えていきましょう。

運用している資産残高が増えてくると、運用環境の変化による影響が大きくなります。残高10万円の10%の値下がりは1万円ですが、100万円の10%の値下がりは10万円です。

定期的に運用環境を確認しましょう。

 

50歳

50歳代は最後の貯め時といえます。本格的に老後資金を準備していきましょう。

まだ子どもの教育資金と住宅ローンで厳しい家計状況の人もいるでしょうが、老後はもっとシビアになるでしょう。

現役時代にできるだけ備えておく必要があります。

50歳代も後半になってきたらタイミングをみて運用方針を安定運用にシフトしていきましょう。利益確定につながります。

50歳代は収入が一番高い時ですが、同時に生活費も高いのに慣れてしまっています。リタイア後の生活をイメージして生活費をスリム化していきましょう。

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

中小事業主掛金納付制度との比較

こんにちは。

 今回は中小企業の社長・人事担当者様向けの話です。

 

社長
2018年5月から新しい制度ができたとききました

DC先生
はい、中小企業向きの制度ができました

仲の良い会社のイラスト

 

 従業員から「会社で企業型DCを入れてほしい」なんてことを言われたことはないですか?

従業員がiDeCo(個人型DC)をやっているようなケースも増えてきているでしょう。

 企業型DCを導入するにはどうしても導入時のみならず継続的なコストがかかります。

また導入後は事業主に継続的な投資教育を行う義務が発生します。

そんなことを考えると企業型DC導入に踏み切れないという会社も多いのではないでしょうか。

 

中小事業主掛金納付制度がスタート

社長
どういうものですか?

DC先生
逆マッチング制度ともいわれます。

 

「中小事業主掛金納付制度」は、企業年金を実施していない中小企業(従業員数100人以下)が対象です。

しくみは従業員のiDeCoの掛金に会社が上乗せ拠出する制度です。

従来からあるマッチング拠出の逆バージョンです。

本来のマッチング拠出は企業型DCであり、会社の拠出する掛金に従業員が上乗せできるというものですが、その逆。

従業員のiDeCoの掛金に会社が上乗せできるというものです。

 

企業型DCではない

社長
企業型DCではないのですか?

DC先生
はい、従業員が個人型DCに加入することが前提です。

 

この制度は企業型DC導入ではありません。

ですから「この制度を活用したい」といった申請窓口は国民年金基金連合会となります。

労使合意が必要

社長
企業型DCより導入が楽そうな感じですね

DC先生
労使合意が必要なのは同じです。

制度利用にあたっては労使合意の段階をふむ必要があります。

「頑張ってくれた従業員一人だけにこの制度を使って掛金を拠出してあげる」ということはできないのです。

公平なルールを定めて組合か過半数の従業員の代表の同意を得てから始めなければなりません。

 

掛金の上限

社長
掛金はどうなりますか?

DC先生
iDeCoの上限額になります。

掛金はその従業員の掛金と会社が上乗せする掛金の合計がiDeCoの拠出限度額の範囲内=年間27.6万円(月額2.3万円)であることが必要です。

今までiDeCoで月額2.3万円までめいいっぱい掛けていた従業員にとっては、会社が掛金を拠出することで、2.3万円まで掛けることができず、所得控除の枠が減ってしまうことにもなります。

ただ、掛金をかけてもらうということは実質的な賃上げとなります。

しかも税金がかからずにDC専用口座に入金されることになります。

 

掛金

社長
掛金はいくらにしたらいいのか・・・

DC先生
一人ひとりで差をつけることは認められていません。

 

会社が拠出する掛金は原則定額です。

「頑張ってくれた従業員だけ多く拠出する」ということはできません。

ただし、階層別に差をつけることは認められています。

また掛金額の変更は1年間に1回限り認められています。

 

掛金納付の事務

社長
事務が増えるのですか?

DC先生
納付事務は発生します。

掛金納付は従業員の掛金と会社の掛金と合わせて会社を介して国民年金基金連合会に納付する形となります。

国民年金基金連合会に納付といっても、実務的には運営管理機関に納めるのです。

具体的には給与から各自の掛金を天引きして会社からの掛金と合わせて、各自加入しているiDeCo運営管理機関に納めることになります。

各自が加入している運営管理機関が全員同じでなければ、それぞれ別の運営管理機関に納めることになります。

企業型DCのような運営管理機関に対するランニングコストや継続的投資教育の義務は及ばないかもしれませんが、やはり事務負担はありますね。

 

選択制DCと検討

社長
掛金をかけ続けてあげられか心配です

DC先生
選択制DCと比較検討したほうがいいですね。

 

選択制DCなら、会社が掛金をかけ続けることは避けられます。

また企業型DCであれば年額66万円(月額5.5万円)が掛金上限ですので、加入者にとっては非課税で拠出できる上限額が個人型になるとすくなくなります。

個人型は社会保険料への影響はありません。

企業型DCの選択制とよく比較して検討しましょう。

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「中小企業にとっての確定拠出年金のポイント(PDF)」をお届けします。

企業型DC 加入者の範囲

こんにちは。

今回は企業型DCの導入を考えている社長、人事担当者様への内容です。

社長
加入者は誰までにしたらいいですか

DC先生
規約で決めるのですよ

 

ホワイト企業のイラスト

 

 

「うちの会社も企業型DCを導入しようか」と検討するときに、加入者の範囲をどこまでにするか、ということを考える必要があります。

 

労使合意の上規約で決める

社長
会社で勝手に決めちゃだめですか?

DC先生
労使合意が必要です

 

導入の前に、加入者の範囲を労使合意の上で規約に定める必要があります。

当然、会社が恣意的に加入資格について定めていいわけではありません。これに関しては不当に差別的な取扱いとならないよう基準が定められています。

 

 

加入者の範囲

社長
法律で決まっているのですか

DC先生
差別的な扱いにならないよう定められています

 

●一定の職種で決める
一定の職種に属する従業員のみ加入対象者とすることができます。

●一定の勤続期間で決める
一定年数の勤続期間(以上もしくは未満)を加入要件とすることができます。

●一定の年齢で決める
50歳以上」を加入対象外として、旧制度での給付を保証するような取扱いができます。

●希望者(加入の選択)と決める
加入するかしないかを選択できるようにできます。

 

役員のみ加入について

社長
役員だけ節税目的で加入できないの?

DC先生
汎用性のあるプランであることが必要です

DCは掛金に節税効果がありますから、「役員だけを加入者にできないの?」と思ったりもしますが、原則できません。

ただし、加入選択制として導入して、結果役員だけが加入者になったということは認められます。

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「中小企業にとっての確定拠出年金のポイント(PDF)」をお届けします。

つみたてNISAとの比較

 

こんにちは。

今回はiDeCoとつみたてNISAとの比較についてです。

加入者
つみたてNISAとの違いがよくわかりません

DC先生
税金面ではiDeCoのほうがメリットがあります

 

「iDeCoは税金のメリットがある」と聞いたことがあると思います。

今回はiDeCoとつみたてNISAを整理してみましょう。

 

共通点・・・運用益が非課税

加入者
あれ?どちらも非課税ってききましたが・・・

DC先生
運用益についてはどちらも非課税です

 

通常、金融商品で利息や分配金を受け取ったり、売却益が出たりした場合は所得税15.315%、住民税5%の合計20.315%がかかります。

たとえば銀行の利息は受け取ったときに税金が引かれている形(源泉分離課税)です。

個人型DC(iDeCo)もつみたてNISAも金融商品を運用して出た利益には税金はかかりません

 

違いを見てみましょう。

 

違い①iDeCoは掛金が全額所得控除

 

大きな違いは掛金の税金についてです。

iDeCoにおいて拠出した掛金は、その全額が所得控除(小規模企業共済等掛金控除)の対象となります。

所得控除によって課税所得が下がるので、iDeCoは所得税と住民税が安くなります

つみたてNISAはこのようなメリットはありません。

加入者
所得がない人はどうしたらいいですか?

DC先生
その場合所得控除のメリットがないのでつみたてNISAでもいいですね

 

違い②非課税になる期間

確定拠出年金は運用益がずっと非課税です。

いっぽうつみたてNISAは非課税の期間が20年です。

加入者
じゃあ50歳の人はつみたてNISAなら20年?

DC先生
はい、長期で非課税になります

 

違い③掛金をかけられる期間

加入者
年齢的にどっちを選んだらいいとかありますか?

DC先生
60歳以上の人はつみたてNISAになります

iDeCoは60歳未満の人しか加入できません。

また掛金をかけられるのはiDeCoは60歳までです。たとえば59歳の人なら数か月しか掛けられません。

いっぽうつみたてNISAは20歳以上なら何歳の人でも20年かけられます。

 

違い④受け取れる時期

iDeCoは基本的に60歳以降にならないと受け取れません

50歳以上で新規に加入すると60歳から受け取れず、もっと受取年齢が引きあがってしまいます。

 

加入者
50歳以上の人はどうしたらいいですか?

DC先生
所得控除のメリットがでなければつみたてNISAのほうがいいかもしれませんね

つみたてNISAはいつでも引き出しできます。

加入者
じゃあ、つみたてNISAは教育資金でもいいんですか?

DC先生
はい、どんな目的でもいいんです

 

違い⑤手数料

加入者
あ、手数料はどうなりますか?

DC先生
つみたてNISAはかからないんです。

 

iDeCoは始めるときに手数料がかかり、毎月継続している間も運営管理にかかわる手数料がかかります

ただ、商品の変更時には手数料がかかりません。

つみたてNISAは始めるときと継続している間の手数料はかかりません。

買付時申し込み手数料も解約時申込手数料も口座管理手数料もかかりません。

 

違い⑥商品

加入者
商品は違いますか?

DC先生
つみたてNISAは投資性商品しかありません。

iDeCoには運用商品に定期預金や保険などの元本確保型商品があります

また債券で運用する投資信託があります。

いっぽうつみたてNISAには定期預金や保険や債券型の投資信託はありません

投資信託かETFとなります。

 

違い⑧掛金額

加入者
最低額は違いますか?

DC先生
つみたてNISAは金融機関によります。

iDeCoは最低5000円からとなります。上限額はその人の立場によって異なります。

つみたてNISAは金融機関によって最低100円から始められます。

上限は年間40万円なので、だいたい月3.3万円が上限です。

 

違い⑨積み立て方法

iDeCoは個人払込(口座引落)のほか事業主払込(給与天引き)での積立ができます。

つみたてNISAは証券総合口座に運用資金をチャージしておいたり、銀行口座からの振替もできます。

 

加入者
なんか、やっぱりわからなくなりました

DC先生
両方やってみてもいいんですよ

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

 

マッチング拠出はメリットがあるの?

 

こんにちは。

今回は「マッチング拠出」についてです。

加入者
マッチング拠出ってやったほうがいいんでしょうか?

DC先生
とても税金のメリットが大きいですよ

 

企業型DCを導入している会社で、「マッチング拠出」も導入している会社があります。

「マッチング拠出」はそもそも企業型DCに加入している人がさらに任意で利用できる制度です。

企業型DCの加入者会社がマッチング拠出を導入していないと利用できません。

 

マッチング拠出は給与天引きで上乗せできる

加入者
なかなか老後資金を貯められないんです

DC先生
そういう人は給与天引きがいいですね

 

企業型DCは会社が掛金を拠出しますが、「マッチング拠出」は自分も給与天引きで掛金の拠出ができるというものです。

給与天引きだから、知らずに積立できるメリットがあります。

 

 

掛金全額が所得控除になる

加入者
ん?給与天引きなら財形貯蓄みたいなもの?

DC先生
財形貯蓄は所得控除はないですね

 

給与天引きだからちょっと「財形貯蓄制度」と似ているようですが、全然違います。

「財形貯蓄制度」で積み立てたからといって積立額が課税所得から外れて税金が安くなることはないですよね。

マッチング拠出した掛金は全額所得控除(小規模企業共済等掛金控除)になります。

積み立てた掛金が課税所得から外れるので、税金(所得税・住民税)が安くなるのです

納税する人のイラスト(男性)

 

 

ちなみに社会保険料は下がったりしません。恩恵は税金だけです。

 

掛金は事業主掛金と同額まで

加入者
それならたくさん積み立てようかな

DC先生
上限額が決まってるんです

税金のメリットがあるなら、多くかけてその分、節税したいところですが、「マッチング拠出」は事業主掛金と同額までしか掛けられず、合計しても法定上限までと決められています。

会社が3,000円しか掛けてくれていなかったら、「マッチング拠出」で上乗せできるのは3,000円です。

今の例では3,000円としましたが、実際に掛金が数千円のところも多いのです。

 

手数料負担がない

加入者
iDeCoみたいに手数料がかかりますか?

DC先生
企業型なので会社が負担します

 

iDeCoに比べると掛けられる金額が少なくてつまらないという人も多いでしょう。

たしかに掛金上限が低いのはデメリットですね。

でもiDeCoは運営にかかる手数料を自分で負担しなければならないのに対し、「マッチング拠出」は手数料を会社が負担してくれるので、手数料でいえばお得です。

 

掛金を中断できる

加入者
途中で辞められますか?

DC先生
掛金の中断ができます

マッチング拠出は掛金が掛けられなくなったら掛金停止(0円)にすることができます

金額変更(増額・減額)もできます。

まずは少額から始めてみる、ということもできます。

 

メリット、デメリット

加入者
結局やったほうがいいんでしょうか?

DC先生
メリットとデメリットをみてみましょう

「マッチング拠出」は任意ですから、やるかやらないか悩んでいるとしたら、以下のポイントを確認してみましょう。

メリットは・・・

掛金分、課税所得が下がり、税金が安くなります

さらにDCは運用益は非課税

積立段階では、掛金にも税金がかからず運用益にも税金がかからないので、本来税金でとられるはずであった金額が自分の老後資金になります。

 

ただデメリットは・・・

自分で給与天引きで積み立ててるからいつでも引き出せそうですが、DCなので原則60歳まで引き出しはできません

 

 

DC先生
老後資金準備として引き出すつもりでないならメリットが多いといえます。

 

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

DCの死亡一時金って?

 

こんにちは。

今回はDCの死亡一時金についてです。

加入者
死亡したらどうなるんですか?

DC先生
死亡一時金として遺族に支払われます

DCを積立している段階や受給している段階で、もしもお亡くなりになった場合には資産が遺族に「死亡一時金」として給付されます。

お葬式のイラスト「おじいちゃんの遺影」

受け取れる人の範囲

加入者
誰がもらうんでしょう?

DC先生
優先順位が決められてるんです

受け取る人は第一に配偶者、第二に子など法律で優先順位が定められ、順位の一番高い人が受取人になります。
ただ、DCに加入後、手続きをすることで予め死亡一時金の受取人を指定することもできます

これはあまり知られていないようです。

 

税金の扱い

加入者
税金はどうなりますか?

DC先生
保険金とちょっと似ているんです

 

DCの死亡一時金については生命保険の死亡保険金と取り扱いが似ています。

生命保険は契約者が保険金受取人を指定して契約するもので、被保険者に万一があったときに受け取る死亡保険金は受取人固有の財産となります。

被保険者の相続発生による本来の相続財産とは別で、遺産分割の対象とはなりません。

 

加入者
他の相続財産とは別・・・?

DC先生
はい、契約者が受取人を●●に、とした契約なんです

 

わかりやすくいうと、たとえば父親が亡くなり、父親の相続については放棄したいと思っているが、父親の死亡保険金の受取人が自分になっていた、といった場合には父親の相続については放棄しても死亡保険金を受け取ることができます。

 

加入者
特殊な扱いなんですね

DC先生
さらに非課税枠もあるんです

 

死亡保険金は相続税の課税対象となります。

ただ死亡保険金の受取人が相続人である場合は、「500万円×法定相続人の人数」の金額が非課税限度額として設定され、死亡保険金の金額がその範囲内であれば非課税となります。

 

加入者
DCは保険金と似ているんですか?

DC先生
そうなんです

 

DCの死亡一時金も同じような扱いとなります。死亡一時金は受取人固有の財産となり、死亡一時金の受取人は相続放棄しても死亡一時金を受け取ることができます。

また「500万円×法定相続人の人数」の金額が非課税限度額として設定され、死亡保険金の金額がその範囲内であれば非課税となります。

加入者
DCも特別扱いなんですね

DC先生
ただし、死亡後5年以内に死亡一時金として受け取ることです

 

これは死亡後5年以内に死亡一時金の請求手続きをした場合に限られます。

5年が経過した場合は死亡一時金を受け取る遺族がいないものとされ、死亡一時金として受け取ることはできなくなり、他の相続財産と一緒になってしまいます。

 

DC先生
DCに加入していることを家族に伝えましょう 

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

DCの障害給付金として受け取る方法

 

こんにちは。

今回は「障害給付金」についてです。

加入者
公的年金のように障害になってももらえますか?

DC先生
障害給付金として受け取れます

DCの給付金というと60歳以降に受け取るイメージが強いと思います。

これを「老齢給付金」といいます。

でもDCには「障害給付金」として受け取るケースもあります。

 

老齢給付以外に障害給付もある

加入者
やはり60歳以降に受け取るのですか?

DC先生
60歳より前でも受け取れます

 

万一けがや病気で70歳までの間に一定の障害状態になったら、60歳より前でも年齢にかかわらず「障害給付金」として受け取ることができます。

この「障害給付金」は受け取っても所得にならず非課税です。

 

 

加入者
どのくらいの 障害なのでしょうか?

DC先生
説明しますね

 

障害状態とは、障害基礎年金の受給者(1級・2級)、身体障害者手帳の交付者(1級~3級)などで、けがや病気の初診日(初めて治療を受けた日)から1年6ヶ月を経過した時に、一定の障害状態に該当していれば請求できます。

 

障害者手帳のイラスト

 

その後に症状が回復したとしても給付が打ち切られるようなことはありません。

障害というと、なんとなくケガなどをイメージしてしまいますが、たとえばがんで「障害基礎年金」の受給者になったり、「身体障害者手帳」の対象になる場合があります。

「障害給付金」は非課税で受け取れるので、収入補てんとして年金受取したり、一時金で受け取って治療費に充てることもできます。

 

障害状態になっても積立を続けて増やすこともできる

加入者
障害になったら忘れずに請求・・・ですね?

DC先生
請求はしなければならないわけではないんですよ

DCの障害給付金は要件に該当したら必ず請求をしなければならないというものではありません

DCの障害給付金に該当することになっても請求せずに、掛金を拠出し続けて、老後資金を増やすことができます。そして70歳までの任意のタイミングで手続きをして非課税で給付金を受け取ることもできます。

 

DC先生
障害給付金の受け取り方法もあることを知っておきましょう

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

選択制DCは保育料に影響する?

こんにちは。

今回は選択制DCと保育料の影響についてです。

加入者
選択制をはじめると保育料に影響がでますか
DC先生
保育料が安くなるかもしれません

 

選択制DCの掛金は税金の対象外

加入者
え?どうしてですか?
DC先生
掛金をかけると税金が安くなるからです

 

選択制DCは現行給与を給与とライフプラン手当と改定します。

そしてひとりひとりが任意でライフプラン手当の中から確定拠出年金を活用して積立てできる福利厚生プランです。

掛金は税金がかからないので、この制度を利用して積立てると税金(所得税と住民税)が安くなる効果があります。

住民税が下がると保育料に影響も

加入者
税金が安くなると保育料に影響するんですか?
DC先生
はい、影響が出ます

 

公立保育園の保育料は自治体によって異なりますが、保育料は住民税によって決められているようです。

税金が下がると保育料も下がることになります

加入者
嬉しいですね

 

子育て世代においては老後資金も大事ですが、子育てにかかるお金が現実的な負担となります。

選択制DCで積み立てることで、税金が安くばかりでなく、保育料も安くなることが期待できます。

(選択制DCは社会保険料まで安くなる場合もあります)

 

 

iDeCoやマッチング拠出もや掛金が全額所得控除になり、所得税や住民税が下がるので、保育料が下がる場合があります。

先生
思わぬ効果ですね

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。