マッチング拠出はメリットがあるの?

 

こんにちは。

今回は「マッチング拠出」についてです。

加入者
マッチング拠出ってやったほうがいいんでしょうか?

DC先生
とても税金のメリットが大きいですよ

 

企業型DCを導入している会社で、「マッチング拠出」も導入している会社があります。

「マッチング拠出」はそもそも企業型DCに加入している人がさらに任意で利用できる制度です。

企業型DCの加入者会社がマッチング拠出を導入していないと利用できません。

 

マッチング拠出は給与天引きで上乗せできる

加入者
なかなか老後資金を貯められないんです

DC先生
そういう人は給与天引きがいいですね

 

企業型DCは会社が掛金を拠出しますが、「マッチング拠出」は自分も給与天引きで掛金の拠出ができるというものです。

給与天引きだから、知らずに積立できるメリットがあります。

 

 

掛金全額が所得控除になる

加入者
ん?給与天引きなら財形貯蓄みたいなもの?

DC先生
財形貯蓄は所得控除はないですね

 

給与天引きだからちょっと「財形貯蓄制度」と似ているようですが、全然違います。

「財形貯蓄制度」で積み立てたからといって積立額が課税所得から外れて税金が安くなることはないですよね。

マッチング拠出した掛金は全額所得控除(小規模企業共済等掛金控除)になります。

積み立てた掛金が課税所得から外れるので、税金(所得税・住民税)が安くなるのです

納税する人のイラスト(男性)

 

 

ちなみに社会保険料は下がったりしません。恩恵は税金だけです。

 

掛金は事業主掛金と同額まで

加入者
それならたくさん積み立てようかな

DC先生
上限額が決まってるんです

税金のメリットがあるなら、多くかけてその分、節税したいところですが、「マッチング拠出」は事業主掛金と同額までしか掛けられず、合計しても法定上限までと決められています。

会社が3,000円しか掛けてくれていなかったら、「マッチング拠出」で上乗せできるのは3,000円です。

今の例では3,000円としましたが、実際に掛金が数千円のところも多いのです。

 

手数料負担がない

加入者
iDeCoみたいに手数料がかかりますか?

DC先生
企業型なので会社が負担します

 

iDeCoに比べると掛けられる金額が少なくてつまらないという人も多いでしょう。

たしかに掛金上限が低いのはデメリットですね。

でもiDeCoは運営にかかる手数料を自分で負担しなければならないのに対し、「マッチング拠出」は手数料を会社が負担してくれるので、手数料でいえばお得です。

 

掛金を中断できる

加入者
途中で辞められますか?

DC先生
掛金の中断ができます

マッチング拠出は掛金が掛けられなくなったら掛金停止(0円)にすることができます

金額変更(増額・減額)もできます。

まずは少額から始めてみる、ということもできます。

 

メリット、デメリット

加入者
結局やったほうがいいんでしょうか?

DC先生
メリットとデメリットをみてみましょう

「マッチング拠出」は任意ですから、やるかやらないか悩んでいるとしたら、以下のポイントを確認してみましょう。

メリットは・・・

掛金分、課税所得が下がり、税金が安くなります

さらにDCは運用益は非課税

積立段階では、掛金にも税金がかからず運用益にも税金がかからないので、本来税金でとられるはずであった金額が自分の老後資金になります。

 

ただデメリットは・・・

自分で給与天引きで積み立ててるからいつでも引き出せそうですが、DCなので原則60歳まで引き出しはできません

 

 

DC先生
老後資金準備として引き出すつもりでないならメリットが多いといえます。

 

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です