カテゴリーアーカイブ: 運用

複利とは

こんにちは。

今回は複利の効果についてです。

加入者
複利ってなんですか?

DC先生
お金の増え方ですね

ファイナンシャルプランナーのイラスト(若者)

生み出した利益もまた利益をうむしくみ

たとえば、元金(もともとのお金)が100万円あったとします。

この100万円を2%(年利)で1年間運用すると、1年後には102万円になります。

この2万円は、元金100万円に対してついた利益です。

この2万円も含めて102万円を再び2%で運用すると、1年後には104万円となるのではなく、104万400円となります。

この400円は、利益の2万円も含めてうみだした利益です。

このように、利益分にもまた利益がつくことを、「複利」といいます。

 

ポイントは引き出さないこと

これは途中で利益を引き出さないからまた元本に組み入れられて利益を生み出しているのです。

確定拠出年金は基本的に途中で引き出しできないので複利の効果が働きます。

 

早くから始める

効果的にするには時間をかけること。

時間を長くかけるほど加速度的に増えていきます。

そのためには早く始めることです。

 

利回りを意識する

1%より2%、3%と利回りが大きいほど、その効果も大きくなります。

確定拠出年金は自分で運用する制度。

定期的に運用状況をチェックしておくことが大事です。

 

掛金が大きいほど効果が大きい

元本にまわる金額が大きいほど複利の効果も大きくなります。

iDeCoや選択制DC、マッチング拠出など、掛金額を決めるときに効果をシミュレーションしてみましょう。

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

どんなときにスイッチングするの?

 

こんにちは。

今回はスイッチングについてです。

加入者
スイッチングってどんなときにするんですか?

DC先生
例をもとにみてみましょう

パソコンでチャートを見る女性のイラスト

スイッチングは保有資産の売却と商品購入

スイッチングはAの全部あるいは一部を売却してBを購入するというように、スピーディにBの比率を増やすことです。

それに対して配分変更とは「次回の掛金からAに比率を減らしてBの比率を増やしていく」というように、掛金の商品を変更することです。

 

 

スピーディに変えたい人

加入者
配分変更との違いはなんですか?

DC先生
資産全体に与える影響のスピードが違います

 

配分変更は毎月すこしずつしかBを増やすことができません。

スピーディに変えたければスイッチングになります。

ただタイミングが重要です。

 

だんだんと安定的な運用に変えたい人

たとえば今は積極的な資産配分になっているけど、そろそろ安定的な資産配分に変えたいというようなときは

スイッチングをすることでスピーディに変えられます。

スイッチングするときはタイミングが重要です。

利益が出ている時に利益が出ている商品を売却して債券や元本確保型にスイッチングすると利益確定になります。

逆に損失が出ている商品を債券や元本確保型にスイッチングすると損失確定になってしまいます。

 

リバランスするとき

自分の運用方針である資産配分にくらべ実際の残高の資産配分はどんどん変化してきます。

日々基準価額が変わるからです。

Aの価格が上がればAの比率が高くなってしまいます。

スイッチングで増えたAを売却してBを購入すれば、スピーディに元の資産配分に戻せます。

DC先生
配分変更と使い分けしましょう

 

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

他から移換金がある人の運用はちょっと注意

こんにちは。

今回は移換金がある人の注意点です。

 

加入者
前に確定拠出年金に加入していたんです

DC先生
今までの資産があるのですね 

 

新規に加入する人と異なり、今まで加入していた人には年金資産があります。

別の運営管理機関の確定拠出年金に加入したり、プランが変わったりするときには年金資産を移す手続きが必要です。

この資産を移換金といいます。

 

移換金はまとまったお金

加入者
けっこう貯まっていたかも・・・

DC先生
運用するときにポイントがあります

 

移換金が多いときには注意が必要です。

確定拠出年金の掛金は毎月かけていくことができますので、時間分散の効果が働きます。

移換金は確定拠出年金口座に一度に入金されるので値動きのある投資信託だと、高いときに購入してしまうこともあります。

 

お金の入った袋のイラスト「円マーク」

元本確保型からスイッチングして時間分散できる

 

加入者
どうしたらいいのですか?

DC先生
自分で時間分散することもできます

なにも指定しないと移換金の配分は掛金と同じ配分で移換されてしまいます。

投資信託に指定しておくと、価格が高いときに買ってしまったということにもなりかねません。

いったん預金などにしてタイミングをみてスイッチングしていくこともできます。

これなら時間分散の効果が働きます。

パソコンでチャートを見る女性のイラスト

DC先生
移換金が多い人は注意しましょう

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

投資信託の運用レポートはどこを見るの?

こんにちは。

今回は運用レポートの見方です。

加入者
運用レポートって見てもわかりません

DC先生
ポイントだけ確認しましょう

探偵のイラスト(女性)

いつ時点のデータなの?

加入者
これは最新のデータですか?
DC先生
基準日がいつか見ましょう

データを見るときはいつ時点のデータなのかを確認しましょう。

基準日と書かれています。

 

ファンドの特色

加入者
ここには 何が書いてあるんですか?

DC先生
投資対象と目標がわかります。

主になにに投資するかが書いてあります。

インデックス型はベンチマークと連動をめざす、と書いてあります。

アクティブ型はベンチマークを上回っていくことをめざす、と書いてあります。

 

資産額の推移

加入者
2本の線があります

DC先生
ベンチマークの線と投資信託の価格の線ですね

 

ベンチマークの動きと投資信託の動きが書いてあります。

ベンチマークは平均の動きのことです。

国内株式のベンチマークの線なら、国内株全体の動きと思ってください。

インデックス型は2本の線が重なるようにベンチマークと連動しているかをみます。

アクティブ型はベンチマークの線を上回っているかどうかを確認します。

 

資産配分

加入者
これはなんですか?

DC先生
どんな資産構成になっているかということです

 

主に何に投資しているのか内訳が書かれています。

バランス型はアセットアロケーションというところをみます。

バランス型を選ぼうとしている人は自分の資産配分とあっているかどうか、株式比率などを確認します。

 

リターンとリスクは

加入者
収益率と標準偏差ってなんですか?

DC先生
リターンとリスクのことです

 

収益率とはリターンのこと、標準偏差とはリスクのことです。

ベンチマークのリターンとリスク、投資信託のリターンとリスクが書かれています。

基準日から起算して3ヶ月前からのリターン、6ヶ月前からのリターン、1年前からのリターン、設定来からのリターンなどが書かれています。

リスクはリターンの上下のブレ幅です。

 

インデックス型ならベンチマークとの差異が小さいほうがよいといえます。

アクティブ型ならベンチマークを超えているほうがよいといえます。

 

 

何に多く投資しているの?

加入者
これはなんですか?

DC先生
国別、業種別の投資対象が書いてあります

 

外国株式や外国債券はどの国に多く投資しているかがわかります。

アメリカが多いと米ドルのレートに影響をうけます。ユーロが多いとユーロのレートに影響をうけます。

 

 

加入者
なんか知った銘柄がありますね

DC先生
上位10銘柄が書いてあります

投資対象数、上位10銘柄を確認します。

たとえば国内株式のパッシブ型で日経平均トピックスに連動するタイプならば東証1部上場銘柄と同じような銘柄に投資されています。

アクティブ型のグロースタイプならベンチマークを超えるように成長銘柄で運用することを目指しているので、成長銘柄として採用されている銘柄が書かれています。

 

 

DC先生
見方がわかったら、商品がだいたいわかります。確認してみましょう。

 

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

運用状況のお知らせの見方

こんにちは。

今回は運用状況のお知らせの見方についてです。

加入者
難しくて見方がわかりません

DC先生
見るべきポイントがあるんですよ

 

確定拠出年金には通帳記帳というものがありません。

WEBをみれば現在の残高や損益を見ることができますが、紙ベースではありませんね。

せっかく届くのですから、開封して確認しましょう。

 

「郵便物イラスト...」の画像検索結果

残高を確認しよう

加入者
どこに残高が書いてあるんですか?

DC先生
資産評価額というところです

 

今、解約して受け取るとしたらいくらなの?ということが資産評価額です。

年に1回届く場合は3月末時点の資産評価額が5月頃に届きます。

(年に2回届くプランは3月末、9月末の資産評価額が、5月、11月頃に届きます)

 

現在いくらの損益がでている?

加入者
利益が出ているのでしょうか?

DC先生
評価損益がマイナスになっていなければ利益がでています

 

あくまでも3月末時点のデータですが、資産評価額から投資元本を差し引いたのが評価損益です。

利回りは載っていないので、利回りを知りたいときはWEBで確認する必要があります。

 

保有資産の資産配分はずれていない?

加入者
円グラフはなんですか?

DC先生
どんな商品を持っているかを表しています。

 

自分の思っている配分とずれていないか確認してみましょう。

毎日値動きがあるのでだんだん比率がずれてくるのです。

価格が上がっているもののの比率が多くなり、価格が下がっているものの比率が少なくなります。

 

掛金の比率を確認しよう

加入者
掛金で何を買っているかもわかりますか?

DC先生
掛金の配分もわかります

 

商品のところに毎月何%ずつ買っているかも書かれています。

掛金の比率は日々ずれることはありません。

毎月の掛金の比率がイメージしている方針とあっているか確認しましょう。

 

商品ごとの運用状況

加入者
なにが利益を出しているのかしら

DC先生
それもわかりますよ

 

各商品ごとの資産評価額、投資元本、評価損益がでています。

どの商品が増えている、マイナスになっているということがわかります。

 

加入者
そんなにいろいろ書いてあるんですね

DC先生
保管しておくと推移がわかりますよ

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

ドルコスト平均法

こんにちは。

今回はドルコスト平均法についてです。

加入者
やっぱり安いときにいっきに買うのがいいですよね

DC先生
そういう買い方ではなくタイミングを分けて買った方がいいんですよ

 

分散投資には購入タイミングを分ける時間分散という考え方もあります。

「カレンダーイラ...」の画像検索結果いっぺんに買わないということです。

いっぺんに買うと価格差をねらった買い方になりますよね。この買い方はとても難しい買い方です。

 

買うタイミングを分ける

加入者
何回にも分けて買うということですか?

DC先生
価格が平均化できます

 

いっぺんに買うと「高いときに買っちゃったな~、そのあと安くなったのに・・・」ということもあります。

何回かに分けて買うと、価格を平均化させることができます。

これが時間分散の効果ですね。

 

買う金額を一定額に決める

加入者
ポイントはありますか

DC先生
買うときの金額を一定にして買うと効率的なんですよ

 

毎月1万円ずつ買うとします。

値段は変動しますから1万円で買える量だけ買っていくことになります。

1000円のときは10個、2000円に上がったら5個買うことになります。

この方法だと安いときは多く、高いときは少なく取得できます。

この買い方をドルコスト平均法といいます。

 

時間分散にはその価格で買うという方法もあります。

1000円のときは、10000円出して10個、2000円のときは20000円だして10個という買い方もあるでしょう。

この買い方だと高いときにはより多くのお金を出さなければなりません。

買いではないときにより多く買うことになります。

 

1万円ずつ、と決めると、あまり買い時ではない高いときに少なく買っておくことができ、結果効率的に買うことができます。

 

買い続ければ量は増えていく

加入者
積立しているみたいですね

DC先生
量が増えていきますよね

高いときは前月より増え方が少なく、安いときは前月より多く量が増えます。

毎月必ず量は増え、増え方が毎月違うだけです。

積立のように増えていくので、積立投資といいます。

投資をしている人のイラスト

価格の動きばかり見ない

加入者
量が増えるってちょっと安心します

DC先生
早くから始めるともっと増えます

資産を増やすには量をふやすことと、その価格があがること。

 

資産をふやす=量をふやす×価格があがる

 

価格は動かせませんが、早くから始めれば確実に量は増えます。

DC先生
確定拠出年金は自然とドルコスト平均法をしていくんです

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

分散投資はリスクを下げる

 

こんにちは。

今回は分散投資の話です。

加入者
積立商品をいくつも選べるのですか?

DC先生
合計100%にすればいいのでいろいろ分けられます

 

分ける

加入者
分けたほうがいいのですか?

DC先生
分けたほうがリスクを抑えられます

昔からこんな格言があります。

「すべてのたまごを一つのかごに盛るな」

「たまご割れるイ...」の画像検索結果

すべてのたまごを一つのかごに置いておくと、かごを落としたら全部のたまごが割れてしまうこともあります。

でも分けておいておけば1回かごを落としても全部のたまごが割れることは避けられます。

運用においてリスクをできるだけ小さくするには1つの商品に絞るのではなく、複数の商品を組み合わせて運用を行うことが必要です。

 

値動きの違うものに分ける

加入者
ポイントはありますか?

DC先生
値動きの違うものに分けることですね

いっぽうが値下がりした場合でも、もう一方が値上がりしていれば相互に補完しあうことが期待できます。

分けるにはポイントがあるのです。

値動きの違うものに分けることです。

債券と株式、国内資産と外国資産というように分けることがリスクを抑えるポイントです。

 

1%刻みで組み合わせられる

加入者
合計100%になればいいのですね

DC先生
はい、1%刻みで組み合わせられます

確定拠出年金は掛金を1%刻みで分散投資できます。

合計100%になればどのように組み合わせてもいいのです。

できるだけ、動きの違うものに組み合わせることでリスクを抑えて運用できます。

DC先生
自分なりの分散投資するといいですね

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

アセットアロケーション

こんにちは。

今回はアセットアロケーションについてです。

 

加入者
アセットアロケーションってなんですか?

DC先生
資産配分のことで商品を決める前に決めるものです

アセットアロケーションとは

アセットアロケーションとは資産クラスの組み合わせのことです。

A商品、B商品といった商品の組み合わせでなく、もっとおおきなくくりで株式や債券、外国資産といった資産クラスの組み合わせのことをいいます。

 

運用結果に大きく影響する

わたしたちはつい、どんな商品を選ぶかというところに目がいってしまいますが、その前にどんな資産配分にするか、という事がとても大事です。

家づくりに似ています。

家をつくるときに内装やカーテンから決めるという人はいないでしょう。

間取りや大きなところから決めていきます。

運用も同じ。

大枠で株式や債券をどれくらい組み合わせていくかという事が大事なのです。

商品選びなどの細かいことは最後にやることなのです。

「家づくりイラス...」の画像検索結果

 

資産配分こそが運用方針です。

この段階で大体の運用結果がわかるともいわれます。

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

 

リバランス

こんにちは。

今回はリバランスについてです。

 

加入者
加入してからなにもしてないけど、ダメですか?

DC先生
定期的に見直しが必要ですよ

 

加入時に決めた運用方針を守るために徐々にバランスが崩れていく資産をもとのバランスに修正することをリバランスといいます。

 

リバランスの効果

 

例えば正反対の値動きをする2つの商品に50万円ずつ計100万円投資する場合で見てみましょう。

リバランスをしない場合はトータルの資産は増えたり減ったりを繰り返すだけです。

定期的にリバランスをすれば2つの商品の値上がりを享受できます。

着実にトータル資産の増加に結び付けることができます。

これはリバランスを通じて値上がりしたものを売り、安くなあったものを買うことができるからです。

 

リバランスのタイミング

リバランスは頻繁に行うものではありません。

商品を売却するときに保険商品は解約控除がかかったり、投資信託によっては信託財産留保額がかかるものもあります。

また1%あわないからといって厳密にやりすぎないこともポイントです。

ほったらかしではだめですが頻繁でもよくないので1年に1回くらいで見直ししてみるといいでしょう。

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

 

見直し(リアロケーション)するの?

 

こんにちは。

加入者
運用ってほったらかしじゃダメなのですか?

DC先生
年齢の経過とともに見直しが必要なんです

今回は運用のメンテナンスのひとつ=リアロケーションについてです。

 

メンテナンスをしている人のイラスト(棒人間)

リバランス、リアロケーション

 

運用の見直し方法には2つあります。

リバランスとリアロケーションです。

リバランスとは市場の変動により資産配分が自分の方針とずれたときに行うもの。

リアロケーションとは運用方針の見直しにより資産配分を変えること。

どちらも運用におけるメンテナンスのことです。

 

60歳に近づいてきたら安定的に

 

50歳代になったら、大きく増やすよりも、積み立てた資産を守ることを考えていきましょう。

受給年齢が近づいてくるとだんだんと価格変動に対する耐性が低くなると考えられます。

60歳に向けてだんだんと価格変動の小さい元本確保型の商品の比率を増やすよう見直ししていくとよいでしょう。

投資信託の利益がでているときに、利益が出ている商品から売却して価格変動のない元本確保型商品に変更すると利益を確定させることになります。

 

受給後も運用は続く

 

確定拠出年金は受給を始めたあとも、受給が終了するまで運用が続きます。

受給中に大きく市場が下落して、資産が減ってしまわないように、受給するときには下落による影響のないようにしておく必要があります。
確定拠出年金は商品変更が自由にできます。

商品変更の手続きには、「配分変更」と「スイッチング」の2つの方法があります。

50歳代になったら2つの手続きを行っていくといいでしょう。

 

配分変更

配分変更とは次回の掛金で購入する商品の種類や配分割合を変更することです。

だんだんと元本確保型商品の購入比率を高めていくことができます。

配分変更に手数料はかかりません。

配分変更を行っても、これまで積み立ててきた資産の割合は変更されません。

保有商品の割合も変更するときは、スイッチングも同時に行う必要があります。

 

スイッチング

 スイッチングは、これまでに積み立ててきた資産の中の構成割合を変更することです。

投資信託を全部あるいは一部売却して元本確保型商品を購入する、といった手続きができます。

スイッチング自体には手数料がかかりませんが、スイッチングは売却・購入それぞれ反映されるまでに数日かかります。

スイッチングはそのときの時価で売却することになるので、何回かにわけで価格変動リスクを抑えるとよいでしょう。