カテゴリーアーカイブ: 運用商品について

投資信託の選び方は?

 

こんにちは。

投資信託の選び方についてです。

加入者
投資信託ってよくわかりません

DC先生
選ぶときにはいくつかポイントがあるんですよ

ファイナンシャルプランナーのイラスト(若者)

 

バランス型or自分で組み合わせる?

●自分で分散投資できない人は・・・バランス型を選びましょう
(何がどんな配分で組み合わされているかがポイントです)

●自分で分散投資するできる人は・・・個別投資信託を組み合わせましょう
(国内株・国内債券・外国(先進国)株・外国(先進国)債券・新興国株式・新興国債券・外国(先進国)不動産(リート)・国内リートなどから組みあわせます)

 

パッシブ型かアクティブ型か

●平均並みの運用でいい人は・・・パッシブ型を選びましょう
(信託報酬が安めです)

●積極運用がいい人は・・・アクティブ型を選びましょう
(信託報酬が高めなので注意しましょう)

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

 

投資信託はこわい?

 

 

こんにちは。

投資信託はこわいと思う人が多いようです。

 

 

嘆く株主のイラスト

分散投資されているしくみ

投資信託を選ぶと値上がりすることもあれば、値下がりすることもあります。

投資信託は基本的に1社だけでなく複数社の銘柄に分散投資を行う商品です。ゼロ円になるとは投資先の会社が
全て同時に倒産することですので、そのようなことが起こるとは考えにくいでしょう。

 

時間分散でさらにリスクを少なくする

ただ、長期でコツコツ積立投資なので、大きなお金を一括投資するよりもリスクは少ないといえます。商品を選ぶときに一つの投資信託に集中させずに分散させることでさらにリスクを抑えられます。不安な方は元本確保型商品を満期まで持っていれば元本割れしません。

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

国内債券の投資信託

 

 

こんにちは。

今回は国内債券の投資信託についてです。

加入者
国内債券なら安全ですか?

DC先生
国内債券も値動きがあり、元本は保証されません

 

国内債券は値動きがあります。元本保証ではありません。

ただ、株式等と比べてそれほど値動きが大きくないのが特徴です。

国内債券を分散投資に組み入れることで、資産全体の値動きを抑えることにつながります。

 

 

投資をしている人のイラスト

債券のリターンは2つある

加入者
債券ってなんですか?

DC先生
お金を貸してあげることなんですよ

債券を買うとは一定期間お金を貸してあげることです。

10年の債券なら10年間お金を貸してあげるということです。お金は戻ってきます。

満期までは貸してあげるお礼として利息がもらえるのです。これが一つ目のリターンです。

また現金化できるので、買ったときの値段と現金化したときの値段の差額が2つめのリターンです。

 

債券は金利と逆の動きをする

加入者
債券も価格が動くのですか?

DC先生
金利の動きによって債券の価格も動くのです

 

債券は時価で現金化できますが、債券の時価は金利の動きによって変動します。

たとえば1%で利息がつく債券を買ったところ、世の中の金利が上昇し、同じ債券を買うと3%の利息がつくようになってしまうと、前に買った利率1%の債券の価値は下がってしまいます。

金利があがると、債券の価格は下がります。

いっぽう、3%で利息がつく債券を買っところ、世の中の金利が下がり、同じ債券を買っても1%でしか利息がつかないようになると、前に買った利率3%の債券の価値は上がります。

金利がさがると、債券の価格はあがります。

金利とシーソーのような関係です。

これを金利変動リスクといいます。

また貸した先が破綻してしまうリスクもあります。信用リスクといいます。

 

国内債券の動きを表すもの

加入者
国内債券の動きってどうしたらわかるのですか?

DC先生
NOMURA-BPI総合という指数をみるとわかります

 

国内債券の値動きを知りたいときは「NOMURA-BPI総合」をみることで確認できます。

「NOMURA-BPI 総合」(ノムラ・ボンド・パフォーマンス・インデックス)とは、野村證券株式会社が公表しているもので、売買されている国内債券市場における価格の動きがわかります。

「NOMURA-BPI 総合」は1983年12月末を100として表しています。

組み合わせの中の債券には、国債や地方債、社債などがありますが、国債だけで構成比率の約8割を占めています。

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

外国債券の投資信託

こんにちは。

外国債券投資信託についてです。

no name
債券だからあんまり値動きはないんですよね?

DC先生
国内債券よりは値動きがありますよ

世界地図のイラスト

債券は株式ほどの変動はありませんが、為替相場によってさらに値動きがあります。

 

外国債券のベンチマーク

 

外国債券の動きを知りたいとき、外国債券市場の動きを表す代表的な指標が「シティ世界国債インデックス」です。

 

「シティ世界国債インデックス」は、シティグループ・グローバル・マーケッツ・インクが算出し、公表しているもので、世界23ヶ国の国債市場の値動きを表す代表的な指数です。

組み入れ対象国は、アメリカ、日本、フランスなど先進国のほか、マレーシア、メキシコや南アフリカといった新興国の国債もわずかに入っています。

私たちが日本において分散投資をするときには、日本を除いた主要国22ヶ国の国債市場の値動きを表す「シティ世界国債インデックス(除く日本)」を用いるのが一般的です。

 

「シティ世界国債インデックス」の対象は国債のみです。

 

また、新興国債券については「JPモルガン・エマージング・マーケット・ボンド・インデックス・グローバル・ダイバーシファイド」も代表的な指標です。

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

国内株式の投資信託

こんにちは。

今回は国内株式の投資信託についてです。

 

加入者
国内株式を買うのですか?

DC先生
あくまでも投資信託の中で国内株式で運用するのです

証券取引のイラスト

国内株式のリターン

株式を買うという事は、その会社にお金を出資して、株主になるということです。

株主には株式会社の業績が良いと配当がもらえたりします。ただ、株主配当は必ずもらえるというものではありません。

また、株式は現金化できるので、株価が上がっているときに売却すると売却益が期待できます。

もっていて得られる利益(配当)と売って得られる利益(売却益)があるのです。

 

国内株式のリスク

せっかく出資した株式会社が破綻してしまうこともあります。

また株価が変動するので、せっかく買った株式の価格が下落してしまうこともあります。

一般的に景気が良くなったり業績があがれば株価は上昇します。

 

国内株式のインデックス

一般的に株価は景気に先行すると言われます。
株価は上がっているの?下がっているの?
これはTOPIXや日経平均株価の動きでわかります。
これらはどちらも株価の動きを表した指標です。

TOPIX(東証株価指数)とは東証1部上場銘柄の動きを表した指標です。
東証1部上場銘柄というのは約1700銘柄あります。
TOPIXは時価総額加重平均株価指数です。

時価総額というのは東証1部上場全銘柄の終値×上場株数です。
つまり、ある銘柄の株価が上がると、TOPIXの上昇につながります。
そしてTOPIXは、時価総額の高い銘柄(発行済み株式数の多い規模が大きな会社)の影響を受けてしまうのが特徴です。

 

いっぽう日経平均株価は、東証1部上場銘柄から選んだ代表的な225銘柄の動きを表した指標です。
選んでいるのは日本経済新聞社で、この225社の株価を平均しているので、日経平均株価と呼ばれています。
225銘柄は日本経済新聞社が定期的に銘柄入れ替えをしています。

日経平均株価は株価が高い銘柄(値がさ株)の影響を受ける特徴があります。

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

 

 

外国株式の投資信託

こんにちは。

運用商品のひとつ、外国株式投資信託の話です。

加入者
外国株式の投資信託はリスクが大きいのですか?

DC先生
国内株式より一般的にリスクが大きいといえます
世界地図のイラスト

外国株式のリターン

外国株式はそもそも株式のリターンである、配当や売却益などが期待できます。

さらに為替差益が期待できます。

外国株式のリスク

外国株式はそもそも株式の価格変動リスクがあります。

さらに為替によるリスクがあります。

外国株式のインデックス

外国株式は先進国株式と新興国株式の2つに大きく分かれます。

●先進国の株式

先進国は経済発展が進んでいて、GDP(経済の規模の大きさ)や時価総額(株式市場の規模の大きさ)が大きく、経済や社会の情勢が比較的安定しているため、先進国株式は新興国株式と比べて比較的値動きが安定しています。

先進国株式の値動きを表す指標がMSCIコクサイです。MSCIコクサイは米国のモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナルが算出して公表しているので、その頭文字(MSCI)がとられています。国際的な主要国の株価指数を表しているので「コクサイ」といいます。(国債ではありません)

これは日本を除く先進国22カ国の上場企業の株価指数で、米国株式の構成比が、約6割を占めています。
ちなみに、MSCIコクサイに日本を足した23ヶ国の先進国の株価指数がMSCIワールドです。

●新興国の株式

新興国とは国際社会において急速に発展を遂げている国々のことです。新興国は経済の規模も市場の規模もまだ新興国ほど大きくはなく、社会情勢や政局が不安定な面もあるため、新興国株式は先進国株式と比べて値動きが大きいのが特徴です。

新興国株式の値動きを表す指標がMSCIエマージング・マーケットです。新興国23カ国の株価指数で、構成比は中国、韓国、台湾などアジアが約5割を占めています。

 

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。