カテゴリーアーカイブ: 投資信託

日経平均225とTOPIX

 

こんにちは。

今回は国内株式のベンチマークである日経平均225とTOPIXについてです。

加入者
ベンチマークってなんことですか?

DC先生
モノサシということです

いろいろな折れ線グラフのイラスト

インデックス型(パッシブ型)の投資信託はベンチマークに連動することを目標としています。

アクティブ型の投資信託はベンチマークを上回ることを目標としています。

 

ベンチマークとはモノサシということです。

わかりやすくいうと平均の動きをあらわしたモノサシです。

 

平均を見れば世の中の動きがわかる

 

加入者
平均・・・ですか?

DC先生
平均を見れば全体の動きがわかります

 

たとえばテストのクラスの平均点が上がっているとクラス全体の理解度が高いとみることができます。

クラスの平均点が下がっているとクラス全体の理解度が低いとみることができます。

テストのイラスト「100点の答案」

国内の株価が上がっているのか下がっているのか知りたいときに、平均点があればわかりやすいですね。

日経平均225やTOPIXは平均点を表しています。

 

日経平均225は代表の225社の動き

加入者
毎日ニュースできくのは平均点なんですか

DC先生
はい、国内株は平均的に上がっているか下がっているかがわかるんです

 

日経平均225 は、東証1部上場銘柄から選んだ代表的な225銘柄の動きを表した指標です。
選んでいるのは日本経済新聞社で、この225社の株価を平均しているので、日経平均225と呼ばれています。
225銘柄は日本経済新聞社が定期的に銘柄入れ替えをしています。

加入者
みんなは70点くらいでも得点の高い人が数人いたら平均点って高くなっちゃうんですよね~

DC先生
はい、平均は引っ張られてしまいますね

日経平均株価は株価が高い銘柄(値がさ株)の影響を受ける特徴があります。

 

TOPIXは東証1部上場銘柄全体の動き

加入者
TOPIXもよくききます

DC先生
こちらは東証1部上場名柄全体の動きです

 

クラスの平均点だけでなく、学年全体の平均点もよく発表されていたかと思います。

TOPIX(東証株価指数)とは東証1部上場銘柄全体の動き表した指標です。

東証1部上場銘柄というのは約2000銘柄あります。

加入者
じゃあ日経平均よりも銘柄数が多いってだけですか?

DC先生
こちらは株価だけでなく株数でウェイトを掛けているんです

TOPIXは時価総額加重平均株価指数です。

時価総額というのは東証1部上場全銘柄の終値×上場株数です。
TOPIXは、時価総額の高い銘柄(発行済み株式数の多い規模が大きな会社)の影響を受けてしまうのが特徴です。

加入者
どういうことですか?

DC先生
メガ企業の影響を受けやすいんです

 

 

 

意味がわかると、ニュースでTOPIXや日経平均株価の動きを聞いたときに身近に感じますね。

 

※以下コメントに感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

投資信託の信託財産留保額ってなあに?

 

こんにちは。

今回は投資信託の信託財産留保額についてです。

加入者
投資信託はスイッチングしたときに手数料がかかりますか?

DC先生
信託財産留保額がかかるものがあります

 

投資信託にかかる費用として、買うときの「販売手数料」、持っている間の「信託報酬」が費用の主なものですが、そのほかにも売却等をするときに「信託財産留保額」がかかるものがあります。

 

投資信託は共同運用のしくみ

加入者
この・・・信託財産ってなんですか?

DC先生
みんなでお金を出し合って運用している大きなお金のことです

そもそも投資信託はみんなで大きなお金をつくって、株式や債券などで運用するしくみです。

大きなお金を信託財産といいます。

 

解約にかかるコスト

加入者
金融機関に対する手数料?


DC先生
金融機関に払うものではないんです

みんなでつくったお金は今、株式や債券に形を変えています。

誰かが解約して現金化しようとすると、株式や債券を売ってお金にすることが必要となります。

ところが株式や債券を売るのに、手数料がかかったり、売りたくないタイミングに売って損をしたり、いろいろな「コスト」が発生します。

この「コスト」を、信託財産から負担すると、投資信託を続けている人に負担させることになってしまいます。

そこで解約する人はコスト分を置いて辞めてもらう制度が、信託財産留保金制度なのです。

運用する側から見ても、頻繁に解約されると安定的な運用ができなくなるので投資信託の運用を安定させることができます。

 

信託財産留保額のない投資信託もある

加入者
どの投資信託にもありますか?

DC先生
ないものもありますよ

信託財産留保金がない投資信託もあります

その場合には解約する人はそのままの金額を現金化することができます。

解約する人に付随してかかったコストは投資家で負担することになります。

 

いい悪いの制度ではない

加入者
信託財産留保額がないほうがいいのですか?

DC先生
いい悪いではないのですよ

 

もしも、解約する側にたてば、信託財産留保額がなく、そのままの金額を受け取れたほうがいいと思うでしょう。

でも続けている投資家の側に立てば、辞める人にコストを負担してもらいたいと思うでしょう。

いい悪いでなく、特徴と思ってください。

 

 

※以下コメント欄に感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

 

インデックス型とアクティブ型ってなぁに?

こんにちは。

今回は投資信託のインデックス型とアクティブ型についてです。

 

加入者
インデックス型とかアクティブ型ってなんですか?

DC先生
投資信託の運用のスタイルで大きく2つのタイプがあるんです

 

投資信託を選ぶときに同じ国内株式の投資信託でもどんな違いがあるの?と疑問が出ると思います。

運用スタイルで大きく2つに分かれています。

相場操縦のイラスト

 

インデックス型はベンチマークに連動するタイプ

加入者
パッシブ型というのも同じですか

DC先生
インデックス型はパッシブ型とも言われます

 

インデックス型(パッシブ型)はベンチマークに連動するように目指す投資信託です。

つまりベンチマークと同じ動きをします

 

ベンチマークは平均の動き

加入者
ベンチマーク・・・?

DC先生
平均の動きのことです

 

ベンチマークとは平均の動きのことです

たとえば日本株であれば日経平均225やTOPIXが有名です。

前者が日本を代表する225銘柄の動き、後者が東証1部上場全銘柄の動きを表しています。

ファンドマネージャーが日経平均225の225銘柄やTOPIXの1部上場銘柄約2000銘柄に分散投資すれば

日経平均225やTOPIXに連動した投資信託となりますよね?

このようにベンチマークと連動して動くように運用しているタイプをインデックス型といいます。

 

インデックス型は信託報酬が低い

加入者
信託報酬ってなんですか?

DC先生
金融機関への手数料です

投資信託というのはみんなでお金を出し合って金融機関に運用を託すしくみです。

金融機関は手数料をもらって仕事しているわけですが、この手数料が信託報酬です。

インデックス型は信託報酬は低めなのが特徴です。

 

アクティブ型はベンチマークを超えようとねらう

加入者
アクティブ型は?

DC先生
ベンチマークを超えるように運用する投資信託です

 

アクティブ型は平均を超えるように運用する投資信託です。

平均を上回ることを目指しますが選んだ銘柄によって下回ることもあります。

信託報酬は高めです

 

アクティブ型はテーマを確認

加入者
アクティブ型もいろいろあります

DC先生
投資銘柄を選ぶテーマが違うんです

 

たとえばグロース型は成長性に重視した投資をします。

バリュー投資は割安性に注目して銘柄を選びます。

 

 

DC先生
平均並みか個性が光る銘柄で運用してもらうか、選びましょう。

 

※以下コメント欄に感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

バランス型投資信託ってなぁに?

 

こんにちは。

今回はバランス型投資信託についてです。

 

加入者
バランス型投資信託ってなんですか?

DC先生
ミックスタイプの投資信託です

 

投資信託の中にはあらかじめ分散投資されているバランス型の投資信託があります。

1つの投資信託の中で株式や債券、外国資産など複数の運用資産をバランスよく組み合わせ運用する投資信託です。

 

固定タイプ(ライフサイクル型)

加入者
もう分散投資されているなんて楽ですね

DC先生
株式比率をみて自分の方針に近いのを選べばいいんです

 

「円グラフ」の画像検索結果

短期の金融商品や公社債に多く配分する「安定型」や、株式に多く配分する「積極型」さらに両方をバランスよく組み合わせた「中間型」などがあり、運用期間やライフプランに合わせて選ぶことができます。

 

たとえば、若いうちは「積極型」を選び、だんだんと「中間型」に、そしてさらに「安定型」に商品変更していくことでリスク許容度にあった分散投資を簡単にすることができます。

 

加入者
だんだんと安定タイプに変えていくんですね

DC先生
スイッチングなどで自分で変更していくんです

 

ターゲーットイヤー型

加入者
自分で変更するタイミングが難しいです

DC先生
それなら自動的に変更していくのがターゲットイヤー型です

 

固定タイプは自分でだんだんと安定型にかかえていくことになりますが、ターゲットイヤー型はそれさえも自動的に行う投資信託です。

自動的に安定運用にシフトチェンジするミックスタイプです。

たとえばターゲットイヤー2030とあったら、2030は西暦のことです。

2030年をめどに安定運用を目指していくという投資信託です。

自分の60歳になる西暦に近い商品を選べばよいということです。

 

リバランスが不要

加入者
バランス型を選ぶメリットはなんですか?

DC先生
メンテナンスが楽なことです

運用もメンテナンスが必要です。

運用におけるメンテナンスがリバランスです。

バランス型のメリットはリバランスがいらないことです

 

加入者
リバランス?

DC先生
はい、ズレた配分を直すことです

 

運用していると毎日値動きがあるためだんだんと目標としている組み入れ比率がずれてしまいます。

たとえば100万円を持っていて株式と債券を50%ずつで保有しようと方針立てたとします。

現在は株式が50万、債券が50万円です。

もしも株式が2倍になったら、株式が100万円、債券が50万円で資産は150万円になりましたが、

株式の比率は100万円/150万円=67%になってしまいました。

債券の比率は50万円/150万円=33%になってしまいました。

このように値動きによって配分比率は変わってしまいます。

 

加入者
なるほど・・・ずれちゃうんですね

DC先生
価格が毎日変わり、変動幅が違うからなんです

 

資産配分がずれるということは運用方針がコロコロ変わってしまうことになります。

増えてしまった資産を減らして、減ってしまった資産を増やすことリバランスです。

バランス型はリバランス機能も付いている投資信託です。

 

DC先生
リバランス機能がついているのがいい人はバランス型を選ぶのも一つです

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

信託報酬ってなに?

 

 

こんにちは。

今回は投資信託の信託報酬についてです。

加入者
信託報酬ってなんですか?

DC先生
金融機関に対する手数料です

 

お金の入った袋のイラスト「円マーク」

投資信託を選ぶときは信託報酬もチェックする必要があります。

ひとつひとつの投資信託で信託報酬が違うのです

 

共同負担する金融機関への手数料

加入者
あ~、やっぱり手数料がとられているんですね

DC先生
運用を任せるお礼ですね

投資信託は、購入するときの事務手続きを窓口の金融機関、運用しているときは投資信託会社、資産の保管は信託銀行というようにたくさんの金融機関が携わっています。

金融機関は手数料をとってこれらの仕事をしています。

この手数料が信託報酬です。

 

みんなで共同負担している

加入者
運用がうまくいかなくても払うんですか?

DC先生
運用がうまくいかなくても金融機関は仕事してますから 

 

うまくいったときだけでなく毎日みんなの信託財産から自動的に手数料分がさしひかれています。

年率〇%となっていますが、1年に1回払うというものではなく、実際には日割りです

投資信託とは投資家全体で大きな資産をつくって共同運用するしくみなので、手数料も大きな資産から毎日、日割り分の手数料が差し引かれています。

 

信託報酬は損益に影響する

加入者
安いほうがいいんでしょうか?

DC先生
損益にかかわりますからね。

 

投資信託の時価(基準価額)はこの信託報酬が差し引かれた後のものです。

基準価額の動きが実際に損益になるのです。

加入者
・・・どういうことですか?

DC先生
2つの例でみてみましょう。

 

たとえばA投資信託とB投資信託がともに2%上昇したとします。

A投資信託が年1%の信託報酬なら、投資家は1%の上昇になります。

B投資信託が年0.1%の信託報酬なら、投資家は1.9%のリターンになります。

 

加入者
ずいぶん違いますね

DC先生
だからチェックが必要なんですよ。

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

投資信託の選び方は?

 

こんにちは。

投資信託の選び方についてです。

加入者
投資信託ってよくわかりません

DC先生
選ぶときにはいくつかポイントがあるんですよ

ファイナンシャルプランナーのイラスト(若者)

 

バランス型or自分で組み合わせる?

●自分で分散投資できない人は・・・バランス型を選びましょう
(何がどんな配分で組み合わされているかがポイントです)

●自分で分散投資するできる人は・・・個別投資信託を組み合わせましょう
(国内株・国内債券・外国(先進国)株・外国(先進国)債券・新興国株式・新興国債券・外国(先進国)不動産(リート)・国内リートなどから組みあわせます)

 

パッシブ型かアクティブ型か

●平均並みの運用でいい人は・・・パッシブ型を選びましょう
(信託報酬が安めです)

●積極運用がいい人は・・・アクティブ型を選びましょう
(信託報酬が高めなので注意しましょう)

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

 

投資信託はこわい?

 

 

こんにちは。

投資信託はこわいと思う人が多いようです。

 

 

嘆く株主のイラスト

分散投資されているしくみ

投資信託を選ぶと値上がりすることもあれば、値下がりすることもあります。

投資信託は基本的に1社だけでなく複数社の銘柄に分散投資を行う商品です。ゼロ円になるとは投資先の会社が
全て同時に倒産することですので、そのようなことが起こるとは考えにくいでしょう。

 

時間分散でさらにリスクを少なくする

ただ、長期でコツコツ積立投資なので、大きなお金を一括投資するよりもリスクは少ないといえます。商品を選ぶときに一つの投資信託に集中させずに分散させることでさらにリスクを抑えられます。不安な方は元本確保型商品を満期まで持っていれば元本割れしません。

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

国内債券の投資信託

 

 

こんにちは。

今回は国内債券の投資信託についてです。

加入者
国内債券なら安全ですか?

DC先生
国内債券も値動きがあり、元本は保証されません

 

国内債券は値動きがあります。元本保証ではありません。

ただ、株式等と比べてそれほど値動きが大きくないのが特徴です。

国内債券を分散投資に組み入れることで、資産全体の値動きを抑えることにつながります。

 

 

投資をしている人のイラスト

債券のリターンは2つある

加入者
債券ってなんですか?

DC先生
お金を貸してあげることなんですよ

債券を買うとは一定期間お金を貸してあげることです。

10年の債券なら10年間お金を貸してあげるということです。お金は戻ってきます。

満期までは貸してあげるお礼として利息がもらえるのです。これが一つ目のリターンです。

また現金化できるので、買ったときの値段と現金化したときの値段の差額が2つめのリターンです。

 

債券は金利と逆の動きをする

加入者
債券も価格が動くのですか?

DC先生
金利の動きによって債券の価格も動くのです

 

債券は時価で現金化できますが、債券の時価は金利の動きによって変動します。

たとえば1%で利息がつく債券を買ったところ、世の中の金利が上昇し、同じ債券を買うと3%の利息がつくようになってしまうと、前に買った利率1%の債券の価値は下がってしまいます。

金利があがると、債券の価格は下がります。

いっぽう、3%で利息がつく債券を買っところ、世の中の金利が下がり、同じ債券を買っても1%でしか利息がつかないようになると、前に買った利率3%の債券の価値は上がります。

金利がさがると、債券の価格はあがります。

金利とシーソーのような関係です。

これを金利変動リスクといいます。

また貸した先が破綻してしまうリスクもあります。信用リスクといいます。

 

国内債券の動きを表すもの

加入者
国内債券の動きってどうしたらわかるのですか?

DC先生
NOMURA-BPI総合という指数をみるとわかります

 

国内債券の値動きを知りたいときは「NOMURA-BPI総合」をみることで確認できます。

「NOMURA-BPI 総合」(ノムラ・ボンド・パフォーマンス・インデックス)とは、野村證券株式会社が公表しているもので、売買されている国内債券市場における価格の動きがわかります。

「NOMURA-BPI 総合」は1983年12月末を100として表しています。

組み合わせの中の債券には、国債や地方債、社債などがありますが、国債だけで構成比率の約8割を占めています。

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

外国債券の投資信託

こんにちは。

外国債券投資信託についてです。

no name
債券だからあんまり値動きはないんですよね?

DC先生
国内債券よりは値動きがありますよ

世界地図のイラスト

債券は株式ほどの変動はありませんが、為替相場によってさらに値動きがあります。

 

外国債券のベンチマーク

 

外国債券の動きを知りたいとき、外国債券市場の動きを表す代表的な指標が「シティ世界国債インデックス」です。

 

「シティ世界国債インデックス」は、シティグループ・グローバル・マーケッツ・インクが算出し、公表しているもので、世界23ヶ国の国債市場の値動きを表す代表的な指数です。

組み入れ対象国は、アメリカ、日本、フランスなど先進国のほか、マレーシア、メキシコや南アフリカといった新興国の国債もわずかに入っています。

私たちが日本において分散投資をするときには、日本を除いた主要国22ヶ国の国債市場の値動きを表す「シティ世界国債インデックス(除く日本)」を用いるのが一般的です。

 

「シティ世界国債インデックス」の対象は国債のみです。

 

また、新興国債券については「JPモルガン・エマージング・マーケット・ボンド・インデックス・グローバル・ダイバーシファイド」も代表的な指標です。

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

国内株式の投資信託

こんにちは。

今回は国内株式の投資信託についてです。

 

加入者
国内株式を買うのですか?

DC先生
あくまでも投資信託の中で国内株式で運用するのです

証券取引のイラスト

国内株式のリターン

株式を買うという事は、その会社にお金を出資して、株主になるということです。

株主には株式会社の業績が良いと配当がもらえたりします。ただ、株主配当は必ずもらえるというものではありません。

また、株式は現金化できるので、株価が上がっているときに売却すると売却益が期待できます。

もっていて得られる利益(配当)と売って得られる利益(売却益)があるのです。

 

国内株式のリスク

せっかく出資した株式会社が破綻してしまうこともあります。

また株価が変動するので、せっかく買った株式の価格が下落してしまうこともあります。

一般的に景気が良くなったり業績があがれば株価は上昇します。

 

国内株式のインデックス

一般的に株価は景気に先行すると言われます。
株価は上がっているの?下がっているの?
これはTOPIXや日経平均株価の動きでわかります。
これらはどちらも株価の動きを表した指標です。

TOPIX(東証株価指数)とは東証1部上場銘柄の動きを表した指標です。
東証1部上場銘柄というのは約1700銘柄あります。
TOPIXは時価総額加重平均株価指数です。

時価総額というのは東証1部上場全銘柄の終値×上場株数です。
つまり、ある銘柄の株価が上がると、TOPIXの上昇につながります。
そしてTOPIXは、時価総額の高い銘柄(発行済み株式数の多い規模が大きな会社)の影響を受けてしまうのが特徴です。

 

いっぽう日経平均株価は、東証1部上場銘柄から選んだ代表的な225銘柄の動きを表した指標です。
選んでいるのは日本経済新聞社で、この225社の株価を平均しているので、日経平均株価と呼ばれています。
225銘柄は日本経済新聞社が定期的に銘柄入れ替えをしています。

日経平均株価は株価が高い銘柄(値がさ株)の影響を受ける特徴があります。

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。