カテゴリーアーカイブ: 元本確保型

積立傷害保険って保険?貯蓄?

こんにちは。

 

今回は積立傷害保険についてです。

加入者
これは・・・損害保険ですか?

DC先生
イメージしている保険とは違います。預金みたいな商品ですね

 

積立傷害保険は元本確保型商品のひとつです。

(プランによってはラインアップされていないものもあります)

一定期間の利率が保障され、満期まで保有していれば元本は確保される商品です。

損害保険会社の商品です。

 

解約控除で元本割れもある

加入者
預金との違いはなんですか?

DC先生
商品を変更したときのペナルティ(解約控除)があることです

 

定期預金と違うところが中途解約の取り扱いです。

満期前に途中で商品を変更する場合には解約控除によって元本割れすることもあります

預金の場合には利率がさがることはあっても元本割れはしません。

なかには、中途解約をしても元本割れしない商品もありますが、利息が付かない期間があるなど、リターンはとても低くなっています。

 

損害保険会社が破綻したら?

加入者
損害保険会社が破綻したらどうなりますか?

DC先生
90%は保護されます。

 

万一、利用している生命保険会社が破綻したら、生命保険契約者保護機能により、責任準備金の90%の保護となります。

責任準備金の90%とはだいたい残高の90%というイメージです。

全額保護されるわけではありません

預金は元本1000万円までとその利息までなら全額保護になります。

 

ケガの死亡保障がつく

加入者
預金と比べていろいろ注意点がありますね

DC先生
はい。ただケガで死亡の場合に少し補償がつきます

 

確定拠出年金は死亡したら残高相当額が遺族に支払われます。

積立傷害保険で積み立てていて、ケガで死亡した場合には残高の1.1倍が支払われます。

つまりケガの死亡保障ということになります。

 

インフレリスクに注意

加入者
でもやっぱり保険なら安心できるかなあ

DC先生
インフレによって実質目減りすることもあるので注意してください

 

リスクも低いけれどもリターンも低い商品になります。

最近ではとくに金利が低い状態が続いています。

運用するときに気をつけたいのがインフレリスク。

社会,社会問題,世相,経済,経済問題,物価,物価上昇,物価高騰,価格高騰,価格上昇,物の値段,インフレ,インフレーション,インフレターゲット,消費者,生活者,物価上昇率,消費者物価指数,インフレ率,物価高

 

食料品や生活にかかる物価が上昇しているのに、利率がおいついていなければ準備資金との乖離がひらいてしまいます。

結果準備が全然追いついていないことに。

長期間の運用の場合には注意しましょう。

 

DC先生
利率が低い状態なので注意してください

 

 

 

 

 

※以下コメント欄に感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

定期預金はどうやって選ぶの?

こんにちは。

今回は定期預金の選び方ついてです。

 

加入者
定期預金もたくさんありますね

DC先生
満期、金利の付き方などを確認しましょう

 

預金商品もいろいろラインアップがありますが、見るポイントは大きく2つあります。

一般的に満期が長いほうが金利が高い

加入者
金利が高いほうがいいかなあ

DC先生
満期の長いほど金利が高めです

確定拠出年金でラインアップされているのは一般的に定期預金です。

1年定期、5年定期など満期の長さがいろいろあります。

一般的には満期が長いほうが金利が高い傾向がありますが、最近の金利状況ではそうともいえないようです。

 

 

加入者
満期・・・?

DC先生
自動更新していくんです

掛金は毎月かけていくので5年定期預金を選んだ場合、4月の掛金は5年後の4月に、5月の掛金は5年後の5月に満期がきて自動更新されます。

満期時に利息がついて元本と利息を元本にし、複利で自動更新していくしくみです。

 

 

固定金利か変動金利か

加入者
ほかにはどこをみたらいいですか?

DC先生
金利の付き方をみましょう

 

金利の付き方には固定金利と変動金利があります。

固定金利は拠出月の金利で利息が計算されるものです。

変動金利は拠出月の金利に関係なく半年ごとに金利の見直しがされるものです

加入者
どうやって選んだらいいかわかりません

DC先生
金利のボトム期か下降期かで判断するのもひとつです

 

金利のボトム期か下降期かで満期の長さ、金利の付き方を選ぶのも一つです。

金利が上がっていく時期は満期が短い固定金利か変動金利、金利の下降期には満期の長い固定金利というように選んでみるといいでしょう。

 

少ない利息を受け取る女性のイラスト

DC先生
最近は低金利状態が続いています

 

※以下コメント欄に感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

利率保証保険ってなあに?

こんにちは。

今回は利率保証保険についてです。

加入者
保険なんですか?

DC先生
基本的に保険機能はなく、定期預金に近い商品です

生命保険会社の商品ですが、保険機能はありません。

一定期間の利率が保障され、満期まで保有していれば元本は確保される商品です。

 

解約控除に注意

加入者
定期預金との違いは?

DC先生
商品を変更したときのペナルティですね

定期預金と違うところが中途解約の取り扱いです。

スイッチングで満期前に商品を変更する場合には解約控除によって元本割れすることもあります。

いっぽう定期預金をスイッチングにて変更するときは中途解約利率になりますが元本割れはしません。

 

加入者
スイッチングするときに注意なんですね

DC先生
スイッチング前にWEBで確認できます

スイッチングするときに「〇年〇月に積立てをスタートした分をスイッチング」というように個別指定することもできます。

満期前の1ヶ月は解約控除がかからない時期があるので、個別指定するのも一つですね。

解約控除がかからない時期についてはよく確認しましょう。

 

セーフティネット

加入者
そのほかになにかありますか?

DC先生
保険会社が破綻したときに扱いに注意が必要です

 

万一、利用している生命保険会社が破綻したら、生命保険契約者保護機能により、責任準備金の90%の保護となります。

責任準備金の90%とはだいたい残高の90%というイメージです。

全額保護されるわけではありません

 

受け取り方法のバリエーション

加入者
なんか注意点ばかりですね

DC先生
受け取りのバリエーションが増えるメリットがありますよ

 

確定拠出年金は全部受取終わるまで運用は続きます。

運用しながら受け取っていくわけですが、利率保証保険は〇年で年額いくらで受け取るということを確定して受け取る確定年金受取が選択できます。

さらに年金原資をもとに一生にわたって受け取る終身年金受取もできます。

もちろん一時金受取もできます。

 

インフレリスク

加入者
安全資産としてはいいわけですね

DC先生
長期で運用するときにはインフレに負けないようにしなければなりません

利率保証保険はリスク小さいですが大きく増えるタイプの商品ではありません。

最近の金利状況下で低金利状態が続いています。

下がり続ける金利のイラスト

利率よりも、物価上昇率のほうが高ければ、お金の準備ができていないことになります。

長期的に運用する場合にはインフレ(物価上昇)によって、お金の準備不足が増えていくことも一つのリスクです。

 

DC先生
一般的には定期預金より金利が高いのですが、最近では低金利が続いています

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。