カテゴリーアーカイブ: 税金

そもそも所得控除ってなあに?

 

こんにちは。

今回は所得控除についてです。

加入者
所得控除ってなんですか?

DC先生
課税所得を下げてくれるもので税金が安くなる効果があるんです

税金のイラスト

iDeCoやマッチング拠出の掛金は所得控除になります。

 

所得を下げるから税金も安くなる

所得税や住民税は1年間の所得をもとに課税され、所得の高い人ほど税金が高くなるようなしくみです。

重い税金に苦しむサラリーマンのイラスト

所得控除は所得を計算する途中で、「所得を少なくしていいよ」というものです。

加入者
それはいいですね

DC先生
その人の負担能力にみあった課税をするためです

たとえば同じく所得が300万円のAさんとBさんがいたとします。

Aさんは特に何もない人です。

Bさんは障がいがあり、扶養家族も多く、医療費もかかっているとしたら、同じように課税するのは不平等といえます。

そのため、所得控除は事情を考慮して「所得から一定額差し引いていいよという制度です。

課税所得が下がるので結果として、税金が安くなるのです

 

iDeCoとマッチング拠出は掛金が全額所得控除

加入者
掛金が全額所得控除になるとどんな効果があるんですか?

DC先生
具体的にみてみましょう

 

所得300万円の人がいたとします。

そのままであれば300万円に対して税率をかけて税金をだすので税金は約50万円です。

iDeCoの掛金を年額12万円したとすると所得は288万円になり、288万円に対して税金が課税されるので税金は約48万円です。

約2万円税金が安くなりました。

万歳をして喜ぶ人のイラスト(男性)

所得控除で自分のお金が増える

加入者
税金が安くなるってうれしいですね

DC先生
自分のお金が増えるんですよ

 

税金が安くなるということは、税金にとられなかった分が自分のお金になるのです

通帳を見て喜ぶ人のイラスト(男性)

iDeCoやマッチング拠出など、公的年金の上乗せを自分で作る人に恩恵がうけられるのです。

 

加入者
一般の貯蓄より有利なんですね

DC先生
はい、メリットがあります

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

 

運用益非課税のメリット

こんにちは。
今回は運用益非課税の効果についてです。

 

加入者
確定拠出年金って老後資金づくりにそんなにいいのですか?

DC先生
運用益が非課税だから効率がいいんです

増えるお金のイラスト(一万円札)

確定拠出年金のメリットのひとつに運用益が非課税で老後資金が準備できることがあります。

本来だったら税金でとられるところが、税金にとられなくて済むわけですから、その分自分の資産になるのです。

 

運用益非課税

加入者
運用益非課税ってそんなにいいのですか?

DC先生
税金って約20%もとられてしまうんですよ

 

通常、運用してでた利益には20.315%の税金がかかります。

20.315%を約20%とすれば、1%で運用できたのに0.8%になるわけです。

5%のうち約20%が税金でとられるとすれば1%分税金がとられて4%ということです。

意外と大きいと言えますね。

確定拠出年金は運用益が非課税となります。

利回りが大きいほど非課税のメリットは大きくなります。

 

非課税も複利効果

加入者
なるほど・・・結構大きいですね

DC先生
DCは複利運用ですから非課税効果も時間がたつほど大きくなります

 

確定拠出年金は途中で引き出しができないので複利で運用できるしくみです。

複利とは出た利益を元本にしてまた利益を生む原資になるというしくみです。

これだと、どんどん利益が増えていくしくみですよね。

ということは、非課税の効果もどんどん増えていくことになります。

非課税メリットも複利効果が働きます。

 

まとめ

運用で増やしても足をひっぱるのは税金の存在。

運用益非課税というとNISAやつみたてNISAという制度もあります。

ただNISAは非課税なのが5年、つみたてNISAは20年です。

確定拠出年金は非課税になる期間にタイムリミットはありません。

 

DC先生
運用するときは税金面で得な方法を選ぶといいんですよ

 

 

 

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。