カテゴリーアーカイブ: 制度のしくみ

財形貯蓄との違い

こんにちは。

今回は財形貯蓄との違いについてです。

加入者
財形年金ならやってます

DC先生
財形年金よりもメリットがあるところがあります

貯金のイラスト

財形年金の非課税制度

財形年金の特徴は給与天引きで積み立てらることと、運用益に対して非課税であるところです。

銀行の財形貯蓄制度を会社が導入しているなら550万円まで非課税となります。

 

財形年金は掛金に対するメリットはなし

運用益が非課税という点は確定拠出年金と同じですが、掛金に対するメリットは財形年金にはありません。

たとえば財形年金を年額12万円積立てたからといって、年額12万円分所得がさがり、税金が安くなるなんてことはないのです。

 

iDeCoとの違い

iDeCoは掛金全額が所得控除になります。年額12万円積立てると、年額12万円分所得がさがり、税金が安くなるのです。財形年金には掛金のメリットはありません。

 

選択制DCとの違い

企業型DCの掛金はそもそも給与ではありません。選択制DCで年額12万円積立てると、年額12万円、所得がさがり、税金が安くなります。さらに社会保険料の対象外にもなるので、給与からの選択制の場合には等級ダウンになれば社会保険料も下がります。賞与からの選択制なら社会保険料が下がります。

 

マッチング拠出との違い

マッチング拠出の加入者掛金は掛金全額が所得控除になります。年額12万円積立てると、年額12万円分所得がさがり、税金が安くなるのです。財形年金には掛金のメリットはありません。

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

確定拠出年金と変額保険との違い

 

こんにちは。

今回は変額保険との違いについてです。

加入者
変額保険ならやってます

DC先生
運用するというところは同じです

頭にクエスチョンマークを浮かべた人のイラスト(女性)

変額保険とは

加入者
運用する保険なんですね

DC先生
株式や債券で運用するんです

 

変額保険とは、保険会社が資産を株式や債券などの金融商品で運用する投資性のある保険商品です。

解約返戻金や満期保険金は運用次第で金額が変動し、運用状況がよければ増えますが、運用状況がよくなければ最低保証がないため元本割れすることもあります。

確定拠出年金は投資性商品だけでなく元本確保型もあります。

 

保険にかかる費用がある

加入者
じゃあ増やせるんですね

DC先生
ただあくまで保険です

あくまで保険なので保険かかる費用がかかるので、純粋に払った保険料に対して増えるわけではありません。

 

掛金は全額控除ではない

加入者
税金面はどうですか

DC先生
やはり異なります

 

保険料は一般生命保険料控除の対象です。

一般的に他に生命保険に加入している人も多いと思いますが、他の生命保険と併せて一定額までの控除となります。

全額控除になるわけではありません。

 

受け取りは一時所得

 

一時金で受け取ると一時所得となります。

確定拠出年金が退職所得となり大きな所得控除があるのとは異なります。

年金で受け取るときに雑所得となる点は同じです。

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

iDeCoにかかる手数料

こんにちは。

今回はiDeCoにかかる手数料についてです。

 

加入者
え?手数料がかかるのですか?

DC先生
運営管理機関ごとに違うので要チェックなんですよ

いろいろなお金のマーク(円)

加入時にかかる手数料

加入者
どこで加入してもかかりますか

DC先生
はい。共通にかかる手数料があります

iDeCoは加入時に2,777円かかります。これはどこの運営管理機関でも共通にかかる手数料です。

 

積み立てているときにかかる手数料

加入者
え?積立している間ずっとかかるんですか?

DC先生
はい。掛金から引かれるんです

 

毎月合計167円(国民年金基金連合会に103円+信託銀行の口座管理料として64円)の手数料がかかります。

これはどこの運営管理機関であってもかかる「共通の手数料」です。

 

加入者
ならどこで加入しても同じですか?か?

DC先生
いえ、運営管理機関によって異なるんです

 

「共通にかかる手数料」にさらに運営管理機関によって手数料がかかります。

これは0円のところから600円程度のところまであり、まちまちとなっています。

これらの手数料は掛金の中から差し引かれていきます。

10,000円積立てていくつもりでも、実際には手数料が差し引かれた金額が積み上がっていくのです。「10,000円で積み立てたい」と思っているのに、「実質9,800円」と「実質9,400円」というくらいの差があります。

 

受け取るときにかかる手数料

加入者
受け取るときにもかかるんですか?

DC先生
そうなんです

60歳などの一定年齢を過ぎたら70歳までに好きなタイミングで請求できますが、すべての残高を受け取り終わるまで

手数料がかかります。

信託銀行の口座管理料として64円、これに運営管理機関の手数料がかかります。

これは資産から差し引かれます。

たとえば65歳からもらう場合、年間3000円の口座管理料がかかるとすれば1万5000円トータルでかかるわけです。

60歳以降も全部受取終わるまでは非課税で運用できますが、年間3000円の手数料がかかるとすれば年間3000円以上増えていかなければ資産が減ってしまいます。

加入者
早く受けとったほうがいいかも・・・?

DC先生
受け取り方法によってさらに異なりますす

さらに受取は自分の指定口座に振り込んでもらうことになりますが1回あたり振込手数料がかかります。一時金受取より年金受取のほうがコストがかかります。

 

DC先生
ずいぶんと違いがあるので金融機関選びが大事なんですよ

 

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

金融機関が破綻したらどうなるの?

こんにちは。

今回は金融機関が破綻した場合です。

確定拠出年金にかかわる金融機関が破綻したらどうなるのでしょうか?

 

加入者
破綻時のリスクも考えないとですね


DC先生
金融機関ごとに整理して説明しますね

 

運営管理機関の破綻

加入者
運営管理機関が破綻したら困りますね


DC先生
運営管理機関を変更すれればいいだけなんですよ

 

確定拠出年金は運営管理機関が窓口となっています。

運用商品の情報提供や、運用の記録管理などを行っています。

記録管理についてはレコードキーパーの専門機関に委託している形態が一般的です。

運営管理機関が破綻しても、実際に年金資産を預かっているわけではないので、年金資産に影響はありません。

 

資産管理機関の破綻

加入者
資産管理機関が破綻したらどうなりますか?


DC先生
資産管理機関が破綻しても大丈夫なんですよ

 

お金を管理している資産管理機関は信託銀行が業務を行っています。

その信託銀行が破綻したら、年金資産はどうなるのでしょうか?

信託銀行本体のお金と資産管理機関としての年金資産は分別管理が義務付けられています。

そのため、資産管理機関が破綻しても年金資産は保護されます。

 

加入者
じゃあ、破綻しても大丈夫なんですか?


DC先生
定期預金や保険商品で積み立てている場合はちょっと注意なんです

 

預金商品の提供銀行の破綻

預金で運用していてその銀行が破綻したら、元本1000万円のその利息までは保護されます。

1預金者あたりということになるので、その銀行に個人的な預金があったり財形制度の残高があったら合算されるので注意してください。

わりと残高が多い銀行の商品は避けて1000万円を超えないようにしましょう。

 

保険商品の提供保険会社の破綻

保険会社が破綻したら責任準備金の90%までの保護となります。

責任準備金の90%とはほぼ残高の90%ということです。

全額保護されるわけではないので注意しましょう。

嘆く株主のイラスト

投資信託提供金融機関の破綻

投資信託を運用している会社が破綻しても投資信託の残高は信託銀行が管理しているので大丈夫です。

信託銀行は分別管理が義務付けられているので金融機関が破綻しても大丈夫です。

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

国民年金基金連合会と運営管理機関

 

こんにちは。

今回はiDeCoのしくみである国民年金基金連合会と運営管理機関についてです。

 

加入者
iDeCoはどんなしくみなんですか?

DC先生
3つの機関で運営されているんです

確定拠出年金は専門の機関によるサポート体制が整備されています。

 

運営管理機関

 

「確定拠出年金の窓口」となる機関です。一般的には金融機関が運営管理機関となります。運営管理機関の主な業務は運用関連業務と記録関連業務になります。

運用関連業務 運用商品の選定、運用商品の運用実績などの情報提供など
記録関連業務 加入者の口座残高の管理や年金給付に係る業務

 

 

 

資産管理機関

 

「年金資産の管理」を行う機関です。給付金の支給も行います。基本的には信託銀行がその役割を担います。管理されている年金資産は、個人の財産として資産管理機関で分別管理されているので、資産管理機関の破綻や企業の倒産リスクから解放される点も大きな安心感となります。

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

個人年金保険とどう違うの?

 

 

こんにちは。

個人年金保険との違いです。

 

加入者
私は個人年金保険に入ってます

DC先生
個人年金保険とは異なりますよ

積み立てのイラスト(女性)

 

生命保険会社の個人年金保険に加入している人もいるでしょう。

最近では個人年金保険も利率が低くなっているので、メリットとしては個人年金保険料控除が受けられることでしょう。

所得控除の違い

加入者
個人年金保険は節税になるってきいたのですが・・・

DC先生
はい、ただ保険料が全額控除ではないです

 

個人年金保険は保険会社の商品です。

保険料を払うと、年末調整や確定申告で個人年金保険料控除がうけられますが、全額ではありません。

iDeCoの掛金は全額所得控除の対象になります。

加入者
そんなに違いますか?

DC先生
掛金額によってはずいぶん違いがあります

自営業者の2人を例にしましょう。どちらも所得は300万円です。

Aさんは個人年金に毎月6万円かけています。

BさんはiDeCoに毎月6万円かけています。

 

Aさんは個人年金保険料控除で課税所得は296万円、税金は49万円になります。

Bさんは小規模企業共済等掛金控除で課税所得は228万円、税金は約36万円になります。

同じ毎月6万円の積立でも、税金が13万円も安くなりました。

 

加入者
全額控除ってすごいですね

DC先生
掛金額が多いとかなりメリットがありますね

 

受け取り時の税金

加入者
受け取るときも違いますか?

DC先生
個人年金保険は公的年金等控除が使えないんです

個人年金保険を受け取るときは雑所得となります。

公的年金等控除は適用できません

年金受取でなければ一時所得となります。

加入者
確定拠出年金は違うのですか?

DC先生
受け取るときも所得控除がうけられるんです

年金受取する場合には雑所得となり公的年金等控除がうけられます

一時金受取する場合には退職所得となり退職所得控除がうけられます

 

手数料について

加入者
でもiDeCoは手数料がかかりますよね?

DC先生
保険だってかかってますよ

iDeCoは手数料が毎月かかります。

手数料が200円で毎月1万円の積立をしているなら、9800円積立てしていることになります。

保険も保険料には運営コストとしての付加保険料が含まれていて、実質積立している分はもっと少ないのです。

 

出口まで比較

加入者
結局どっちがいいのでしょう?

DC先生
個人年金保険は受け取り時に税金と社会保険料を増やしてしまう可能性があります

 

個人年金保険は雑所得で総合課税なので、受け取るときに他の公的年金等の雑所得や給与所得があると、所得を増やすことになり、税金や社会保険料の増加要因になります

いっぽう、確定拠出年金は一時金受取なら退職所得となり分離課税となります。

社会保険料に影響はありません

退職所得控除の範囲内であれば税金がかからずに受け取れます

DC先生
所得のある人はiDeCoを優先したほうがいいでしょう

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

つみたてNISAとの比較

 

こんにちは。

今回はiDeCoとつみたてNISAとの比較についてです。

加入者
つみたてNISAとの違いがよくわかりません

DC先生
税金面ではiDeCoのほうがメリットがあります

 

「iDeCoは税金のメリットがある」と聞いたことがあると思います。

今回はiDeCoとつみたてNISAを整理してみましょう。

 

共通点・・・運用益が非課税

加入者
あれ?どちらも非課税ってききましたが・・・

DC先生
運用益についてはどちらも非課税です

 

通常、金融商品で利息や分配金を受け取ったり、売却益が出たりした場合は所得税15.315%、住民税5%の合計20.315%がかかります。

たとえば銀行の利息は受け取ったときに税金が引かれている形(源泉分離課税)です。

個人型DC(iDeCo)もつみたてNISAも金融商品を運用して出た利益には税金はかかりません

 

違いを見てみましょう。

 

違い①iDeCoは掛金が全額所得控除

 

大きな違いは掛金の税金についてです。

iDeCoにおいて拠出した掛金は、その全額が所得控除(小規模企業共済等掛金控除)の対象となります。

所得控除によって課税所得が下がるので、iDeCoは所得税と住民税が安くなります

つみたてNISAはこのようなメリットはありません。

加入者
所得がない人はどうしたらいいですか?

DC先生
その場合所得控除のメリットがないのでつみたてNISAでもいいですね

 

違い②非課税になる期間

確定拠出年金は運用益がずっと非課税です。

いっぽうつみたてNISAは非課税の期間が20年です。

加入者
じゃあ50歳の人はつみたてNISAなら20年?

DC先生
はい、長期で非課税になります

 

違い③掛金をかけられる期間

加入者
年齢的にどっちを選んだらいいとかありますか?

DC先生
60歳以上の人はつみたてNISAになります

iDeCoは60歳未満の人しか加入できません。

また掛金をかけられるのはiDeCoは60歳までです。たとえば59歳の人なら数か月しか掛けられません。

いっぽうつみたてNISAは20歳以上なら何歳の人でも20年かけられます。

 

違い④受け取れる時期

iDeCoは基本的に60歳以降にならないと受け取れません

50歳以上で新規に加入すると60歳から受け取れず、もっと受取年齢が引きあがってしまいます。

 

加入者
50歳以上の人はどうしたらいいですか?

DC先生
所得控除のメリットがでなければつみたてNISAのほうがいいかもしれませんね

つみたてNISAはいつでも引き出しできます。

加入者
じゃあ、つみたてNISAは教育資金でもいいんですか?

DC先生
はい、どんな目的でもいいんです

 

違い⑤手数料

加入者
あ、手数料はどうなりますか?

DC先生
つみたてNISAはかからないんです。

 

iDeCoは始めるときに手数料がかかり、毎月継続している間も運営管理にかかわる手数料がかかります

ただ、商品の変更時には手数料がかかりません。

つみたてNISAは始めるときと継続している間の手数料はかかりません。

買付時申し込み手数料も解約時申込手数料も口座管理手数料もかかりません。

 

違い⑥商品

加入者
商品は違いますか?

DC先生
つみたてNISAは投資性商品しかありません。

iDeCoには運用商品に定期預金や保険などの元本確保型商品があります

また債券で運用する投資信託があります。

いっぽうつみたてNISAには定期預金や保険や債券型の投資信託はありません

投資信託かETFとなります。

 

違い⑧掛金額

加入者
最低額は違いますか?

DC先生
つみたてNISAは金融機関によります。

iDeCoは最低5000円からとなります。上限額はその人の立場によって異なります。

つみたてNISAは金融機関によって最低100円から始められます。

上限は年間40万円なので、だいたい月3.3万円が上限です。

 

違い⑨積み立て方法

iDeCoは個人払込(口座引落)のほか事業主払込(給与天引き)での積立ができます。

つみたてNISAは証券総合口座に運用資金をチャージしておいたり、銀行口座からの振替もできます。

 

加入者
なんか、やっぱりわからなくなりました

DC先生
両方やってみてもいいんですよ

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。