企業型導入の会計処理

こんにちは。

今回は企業型導入の会計処理についてです。

社長
選択制DCの掛金って経理処理がわからないなあ
DC先生
掛金分だけ給与でなくなるんです

掛金は福利厚生費

社長
そうか、掛金は給与ではないんだったよね?
DC先生
「福利厚生費」となります
社長
複利厚生費とするのは掛金の分だけ?ライフプラン手当の分から?

DC先生
掛金だけです、ライフプラン手当は給与で処理します

たとえば給与が月額30万円の社員がいるとします。

給与改定をして新給与は24.5万円、ライフプラン手当が5.5万円に改定するとします。

社長
この段階の経理処理は?

DC先生
経理処理としては給与30万円となります

この社員がライフプラン手当5.5万円の中から確定拠出年金に月1万円掛けるとします。

社長
この場合の経理処理は?

DC先生
給与29万円、福利厚生費1万円となります

経理処理は

新給与+(ライフプラン手当―確定拠出年金の掛金)=29万円が給与となります。

掛金分1万円が福利厚生費になります。

全額損金

社長
法人税の計算では損金になるの?

DC先生
給与も福利厚生費も損金です
社長
じゃ30万円が損金?

DC先生
そうです

法人税の計算上では給与処理した金額も、福利厚生費として処理した金額も全額損金になります。

給与明細の変更

社長
掛金は給与じゃないんだから給与明細も変えなきゃね

DC先生
掛金控除後の金額を給与明細に表示します

確定拠出年金導入前の給与が月額30万円の場合は「基本給30万円」とすればいいだけでした。

給与改定をして新給与は24.5万円、ライフプラン手当が5.5万円に改定すると、

「基本給24.5万円」「ライフプラン手当5.5万円」と表示することになります。

社長
経理処理はまるっと給与30万円だけだったけど…

DC先生
給与明細は基本給と手当が分けて表示します

そしてこの社員がライフプラン手当5.5万円の中から確定拠出年金に月1万円掛けるとします。

この場合「基本給24.5万円」「ライフプラン手当4.5万円」と給与明細に表示することになります。

社長
掛金を引いた金額を明細に書けばいいのね

DC先生
そうです
社長
掛金1万円引いたよって記載しないといけないんじゃないの?

DC先生
掛金の記載は任意です

掛金1万円の記載については参考表示として記載すると良いでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です