投資信託のスイッチング

こんにちは。

今回は投資信託のスイッチングについてです。

加入者
スイッチングって実際どうやるんですか?
DC先生
パソコンやスマホなどである商品を売却して別の商品を購入すると入力するんです

スイッチングとは保有資産を売却し、その売却代金で別の商品を購入する手続きをいいます。

手続きはパソコン、スマホ、タブレットなどから行います。

ID、パスワードを使ってインターネットサイトにログインし、スイッチングメニューを開き、入力します。

売却したい投資信託を選び数量を入力する

まずはじめに売却したい投資信託を選び、どれくらい売却するか数量を入れます。

加入者
この投資信託をいくら分って金額を入力するのですか?
DC先生
投資信託は口数か%で指示するんですよ

口数で指示するとき

加入者
口数?
DC先生
はい、何口分売却するかという指図になります

たとえばA投資信託の資産評価額が45万円だとします。

A投資信託を40万円にしたいときは5万円分売却するわけです。

加入者
5万円売却という指図はできないんですか?
DC先生
はい基準価額を参考にします

A投資信託の基準価額が15000円だとすると、1万口=15000円ということなので

5万円÷15000円×1万口で33333口となります。

加入者
33333口売却すると入力すると5万円分売却となるのですね
DC先生
はい、ただ基準価額はだいたいのめやすです

基準価額は昨日の時価となります。

リアルタイムで今の価格となっているわけではありません。

%で指示するとき

加入者
簡単なほうがいいな
DC先生
こちらも計算が必要です、資産全体からみた%でないので注意してください
加入者
ん?どういうことですか?
DC先生
具体的にみてみますね

たとえば資産全体が100万円のうちA投資信託が45万円あるとします。

A投資信託を40万円にしたいとき資産全体の5%分売却したいことになります。

加入者
5%と入力するんですね
DC先生
そのように間違える人が多いんです

ここで5%と入力するとA投資信託45万円の5%の22500円だけの売却になります。

本当は資産全体の5%、つまり5万円分売却したいわけですから、

A投資信託45万円のうちの5万円分は5万円÷45万円×100=11%

A投資信託を11%売却すると入力するのです。

加入者
あ、そうか
DC先生
あくまでA投資信託の〇%という指図なんです

購入する商品を選ぶ

次に売却代金で購入したい商品を入力します。

これがスイッチング(預け替え)の手続きです。

実際にB投資信託が基準価額いくらのときに何口分買えたのかは後日決定します。

加入者
入力したときの価格で買えるわけではないんですか
DC先生
タイムラグがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です