iDeCoをやっていて会社が企業型を導入したら

 

こんにちは。

今回はiDeCoをやっていて、会社が企業型を導入したら・・・という話です。

加入者
iDeCoをやっていたのですが、会社が企業型を導入したようです

DC先生
そういうケースが増えてますね 

 

2017年1月から個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者資格が拡大されました。

それによって個人型確定拠出年金に加入している人も増えてきています。

 

また企業型確定拠出年金の導入は大企業を中心に増えてきていました。

企業型確定拠出年金は親企業のグループ傘下の企業や中小企業も導入する企業が増えてきています。

そのため個人型確定拠出年金に加入していたら会社が企業型確定拠出年金を導入したというケースも出てきています。

 

 

 

加入し続けるしくみ

加入者
iDeCoをいったんやめることになりますか?

DC先生
確定拠出年金は基本的にやめることができないんです 

 

確定拠出年金は脱退要件を満たさない限り基本的に辞められません。

立場が変わっても資産を移換しながら継続し続けていくしくみです。

「辞められない」というとデメリットのように感じるかもしれませんが、どんな立場になっても老後資金を作り続けられるしくみだということです。

 

 

法改正によって選択ができるようになった

加入者
じゃあどうしたらいいのですか?

DC先生
本人の選択ができるようになったんですよ 

 

従来は、会社が企業型を導入したらiDeCoの資産を企業型に移換し、企業型で加入しなければならないしくみでした。

法改正後はiDeCoのままを希望する人はそれも選択できるようになりました。

ただし、会社の規約で「個人型の加入も認める」ということになっていないとiDeCoで加入し続けることはできません。

「書類イラスト」の画像検索結果

 

個人型の加入が認められている場合

加入者
iDeCoの加入が認められているようです

DC先生
それならそのままで継続できますよ 

 

会社のプランの規約で認められているならばiDeCoのまま加入を継続することができます。

iDeCoの掛金上限額まで掛けられますし、商品もそのまま継続できます。

ただし、手数料は個人負担となります。

 

また企業型に資産を移換して企業型で加入することもできます。

手数料は会社が負担してくれますが、商品はプランのラインアップ商品となり、掛金もプランで決められた金額までとなります。

 

個人型の加入が認められていない場合

加入者
認められていなかったら?

DC先生
その場合は企業型加入者となります 

 

まとめ

まずは会社の担当者に規約を確認してみましょう。

iDeCoのままのほうが商品数が多い、掛金額が大きいなどのケースもあります。

また転職するかもしれないし、いちいち手続きが面倒だからiDeCoのままでいいという人も多いようです。

 

DC先生
手数料でいうと企業型がいいですが、いろいろ検討してみましょう 

 

 

 

 

※感想をお寄せください。

感想をいただいた人に「確定拠出年金は受取方法が大事!受け取り時のポイント(PDF)」をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です